オーケストレーションの授業での作例
水曜のオーケストレーションの授業の最後の実習で行った木管五重奏の作例をあげておく。
曲はグリーグのピアノ作品の抒情小品集 第3集 Op.43 (1886)から第4曲「小鳥」の冒頭である。
ナクソスのこちらにピアノ原曲がある。
あくまで私の作例であり、正解とかいうものではないので、誤解しないよう。各々が書いたものとどう違うかなどを見て、考えてほしい。
c0042908_6425767.jpg

by Schweizer_Musik | 2009-05-15 06:46 | 授業のための覚え書き
<< 若かりし日のジュリーニの指揮で... 今日は…疲れた >>