プレガルディエンの歌による室内楽版の「冬の旅」
作曲者 : SCHUBERT, Franz Peter 1797-1828 オーストリア
曲名  : 歌曲集「冬の旅」D.911 (1827) (W.ミュラー詩) (N.フォーゲット編曲)
演奏者 : クリストフ・プレガルディエン(ten), ヨセフ・ペトリク(accordion), ペンタエドレ
このアルバムは こちら

フォーゲットの編曲による室内楽版の「冬の旅」である。ツェンダー版など色々と編曲版が存在するが、これはアコーディオンと管楽器が伴奏するもので、それなりに創意が伝わる興味深いものとなっている。
この録音の「売り」はなんといってもクリストフ・プレガルディエンの歌であろう。なんと良い声、歌なのだろう。雄弁な編曲にまけることなく、歌が大きな存在感を示しているが、多くの編曲版で伴奏の雄弁さに歌が埋没してしまう傾向がある中で、この存在感は素晴らしいと思う。
ハイペリオンの全集の中でいくつかを私も所持しているが、彼の歌ったものはどれも素晴らしいもので、こうした色物で話題を作らなくてはならないものでは決してない本格的な歌手である。
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウが引退し、ヘルマン・プライが亡くなり、ジェラール・スゼー、エルンスト・ヘフリガーも…。彼らによってシューベルトの歌曲の世界を知ることができた私は、新しい世代のプレガルティエンやマティアス・ゲルネといった次の世代も気がつけば大家となっていたことに、ようやく気づいたという体たらくである。
シューベルトの歌曲も、そろそろ新しい世代の録音に切り替えていこうかと本気で考え始めているこの頃であるだけに、久しぶりにこの録音を聞いて、大いにその気になってしまった。
「郵便馬車」のポスト・ホルン風の出だしに、ベタなアレンジにちょっと笑ってしまったけれど、これ以外に考えられないよなぁと思ったりした。他、「宿屋」などでハミングが入っていたりして、ちょっと他のアレンジではない雰囲気の良さに心動かされた。
またミュラーの原作の詩の順番に入れ替えられていて、はじめ聞いたときはちょっとビックリしたけれど、聞いていてこれも悪くないなと思う。
冬らしい窓の外の景色を眺めながら、さすらいの孤独を思うのも良いものである。お薦め!!
by Schweizer_Musik | 2009-11-17 07:35 | ナクソスのHPで聞いた録音
<< ハイティンク指揮ロンドン響によ... ハイティンクのベートーヴェンの... >>