昨日のオーケストレーションの課題の作例です
昨日の授業では、合成音階による近代モードの説明とバルトークのルーマニア民俗舞曲の分析に時間をとったので、オーケストレーションの時間が少なくなってしまい、分析でやったバルトークの作品から簡単な部分をとりだして編曲してみることとなった。
その作例を以下にあげておくので、学生諸氏は自ら授業でやったものと比べてみてほしい。この後もう一度メロディーをオクターブあげてくり返すことを前提としているので、最後のところはちょっと工夫が必要という程度の、すでに二ヶ月あまりやって来た学生諸氏にとっても、あまりに簡単な課題だったはずであるが、如何だっただろう。
もちろん、これはあくまで私の作例であり、正解などというものでは決してないのは当然なので、単に参考とする程度にしてほしい。



c0042908_6444667.jpg

by Schweizer_Musik | 2010-06-03 06:44 | 授業のための覚え書き
<< 作曲が進んだ! プロコフィエフの古典交響曲をバ... >>