水曜日が終わった…
水曜日はやはり大変で、疲れ果てて帰ってそのままとなってしまった。
まずドビュッシーの前奏曲から第2曲「ヴェール」と、第6曲「雪の上の足跡」、そして第10曲「沈める寺」の3曲を分析。とは言え、ヴェールは簡単な紹介に終わる。しかしこの曲。大半がたった6個の音で出来ているとは!まさに奇跡!
ヴェールのように作ることは、極めて困難。従って私たちが6音からなるヘキサトニックである全音音階を使用する時は、他のスケールと組み合わせて作ることが極めて多いということも話し、簡単な作例を前回の「映像」の分析のことを思い出させたり、恥ずかしながらの私の作品を聞かせたりした。

続くオーケストレーションの授業では、サックス四重奏の音だし。たった2週間(実際には3週間はあったはず!!)にしては100小節あまりの力作を披露した学生がいたのは嬉しい限り!
Hさんの作品は合成音階のハンガリア短を使用したもので、大変特徴的で効果的だった。音のぶつかりなど、かなり荒削りの部分はあるが、まぁ良い方だと思う。
だだ音だしで一人、曲が出来なかったこともあって、時間が余ったので、私の作品を音だしした。「トッカータ〜チューリッヒのトラム」である。結構難しいはずだが、初見で私の意図したテンポで演奏する。我が校のサックスは大したものだ。全員ディプロマ・コースの学生たちで、以前から何度かやってもらっている学生たちが音だしに協力してくれた。再来週もまた音だしである。さて来週は何をするか?もう弦楽の作曲に入るのだ。で、夏休みに入るが、休み明けに弦の音だしが待っている。
この授業。結構ハードでしょ?
例によって12時半から14時半まで休憩。ネット・オークションで購入したCDの支払いなどをこの休憩時間に行う。
そして再び現代音楽の授業。
こちらは本科生なので、まだ曲を聞いてどのモードで出来ているかさっぱりわからない者も混じっているので、分析もそうしたところを重点的に行う。
次いで、作曲専攻生以外の学生たちのアレンジの授業が二限。元々の人数が少ないので休みが3人出てずいぶん寂しい感じとなった。しかし今日はテーマを作り、それをもとに下書きの下書きみたいなところまで持って行く。
作曲は初めてという学生゛かほとんどなのだが、作曲の一年生よりもよく書けるのには参る。ハーモニーがわからない学生のためにモードで作らせていたのだが、普通の音階で結構ちゃんとした作品を全く和音の知識がないのに書く学生がいたりしてビックリする。それも、ちゃんとこうしたいという意志を持っていて、その学生(ホルンが専攻)に対する指導の考え方を1ランクあげることにした。(私の場合、超初心者の場合は頭ごなしに訂正をしてみせることが多いのだが、よく出来る、あるいはちゃんと自分の音への趣味、こだわりを持っていると思うとランクが上がり、少々のことでは訂正しなくなるのだ)
やりたいところまでは何とかできた。見て回っているだけなのに、ちょっと疲れてきた。このあたりが胸突き八丁である。
最後は一年生の作曲の実技のレッスンである。練習形式の習作をやって来いと言ったのに、かなりデタラメな曲を書いてきたのですぐさまやり直しを命じ、その場で作らせる。じっと待つこと30分。なんだ出来るじゃないか!!
彼女に私の心のエネルギーを完全に吸い取られて一日が終わる。くたくたである。
by Schweizer_Musik | 2006-07-06 06:40 | 授業のための覚え書き
<< 鶏の照り焼き丼 思い出話一つ・・・ああ、転職 >>