弦楽四重奏の授業(3)
前の、さすらい人幻想曲でちょっとだけやっているのだけれど、私のように鍵盤楽器出身者はアンサンブルへの編曲で、つい忘れがちなことがある。
この集中連載の3回目ということで、まずそのことについて少しだけ述べておきたい。
まず、次のフレーズについて…。
c0042908_2304665.jpg
これは弦楽器なら(例えばヴァイオリン)そのまま何も考えず、そのまま写せば良い。しかし、管楽器などであれば、ブレスのこともあるので、あまり長くやらせるのは健康上?良くない。だから二管編成などであれば二本の管楽器、例えば二本のフルート、あるいは二本のクラリネットなどで交替するように書く。
c0042908_234769.jpg
DTMの打ち込みであれば、何でもいいのだけれど、実際の生身の人間がやるのだからこうして息継ぎを考えておくのは、良い編曲者となるためには必要な条件であろう。そうしながら聞こえてくる音は、十六分音符のG音連打で、求めていた音であればいいのだ。
しかし、アンサンブルをしたことがない者が編曲すると、ついついこうしたスコアを書いてしまうのだけれど、これではスムーズな音の繋がりは難しいだろう。試しに誰かとこのスコアをアンサンブルしてみると良い。交替が意外にスムーズにいかないのだ。
熟練した編曲者は次のように一小節ずつ交替するように書くだろう。ブレスの問題を解決しつつ、スムーズな繋がりが得られる。
c0042908_2374850.jpg
もちろん、2拍で交替する次のような方法も検討に値する。
c0042908_2382628.jpg
更に一拍ずつ交替する方法もある。
c0042908_238584.jpg
これらに共通する1音だけ重なる音は実際にはほとんど気にならない。それどころか、この音があるおかげでスムーズな音の繋がりが出来て、交替によるギクシャクした感じが霧散する。
これは長いスケールやアルペジオで、一つの楽器では音域を超えたり、機能上、無理が生じる場合に、いくつかの楽器をつなげる場合に行われる。
c0042908_23352645.jpg
弦楽器ではないが、これを木管四重奏に直せば次のようになる。
c0042908_23361351.jpg
こうした1音だけ拍の頭で重ねて繋げる方法は、ほぼ一般的に使われるので、多くのスコアでこうした用例を見つけることができるだろう。
1音だけでなく2音、3音をユニゾンにする方法などもある。次のように書けば、よりスムーズなパートの移り変わりを感じることができる。部分的にユニゾンで膨らむと感じるかも知れないけれど、こうしたスケールを演奏するとスケールの終わりでディミヌエンドを自然とするので、あまり音量のふくらみは気にならない。
c0042908_19222638.jpg
続いてアルペジオである。

次のようにゆったりとした音楽でのアルペジオ。
c0042908_2151021.jpg
美しいこのシューベルトのアヴェ・マリアという曲は色々な形にアレンジされている。弦楽四重奏にアレンジするならば次のような伴奏に編曲すると良いだろう。そのまま…である。
c0042908_21535252.jpg
なんてことなくそのまま写しただけであるから、こんな簡単なアレンジですむならば、編曲の仕事なんて簡単だ。しかし、ちょっと演奏者の立場に立てば工夫をしなくてはならないこともある。
c0042908_21551967.jpg
ソナチネ・アルバムの中のこの曲を弦楽四重奏にせよという依頼を受けたなら、どうすれば良いだろう。
音はたった2つしか同時に鳴らない。二重奏で良いではないか…。とも思うが、せめて三重奏ぐらいではじめてみてはどうだろう。
c0042908_21574744.jpg
これでも音楽にはなる。けれど、ヴィオラ奏者はAllegroのテンポについていけないかも知れないと想像する。上手い人ならそんなに困難なものではないけれど、ちょっと注意を要するところだ。これをこうすれば随分演奏しやすくなる。
c0042908_21593329.jpg
テンポの速いアルペジオなら、こうしてバスと分けたりせずにした方がずっと演奏しやすくなる。
更にこういうアルペジオの伴奏を持つ音楽は持続性のある伴奏である場合が多い。弦楽器であれば息継ぎを気にする必要はないが、管楽器にこれのパターンを担当させるのであれば、前に説明したように二管で交替するように書くのが良いだろう。
更にフランス近代の作品などの編曲の実際に戻る(予定)。
以上、10月20日(土)の夜、追記。
by Schweizer_Musik | 2007-10-18 23:12 | 授業のための覚え書き
<< 楽譜ダウンロードについて 弦楽四重奏の授業(2) >>