グリーグのオーゼの死について
弦楽合奏のアレンジの授業。例題としてグリーグの「ペール・ギュント」から「オーゼの死」を用いた。
この曲にはグリーグ自身のピアノ用のアレンジがある。冒頭は次のようなものである。
c0042908_20454697.jpg

これを弦楽合奏に編曲したものを二段譜に直してみる。(これが課題だった…)
c0042908_20482293.jpg
ペーター版ではボウイングが細かく指示されている様子がわかって面白い。同じ形を4度くり返している中で、それぞれに異なるボウイングが指示されていて、表情を作っている。
ボウイング(弓の上げ下げ)によって音楽は全く異なることとなるのだが、今日の授業はそれがポイントであった。
あと、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第3番の原作とルドルフ・バルシャイの室内オケ用の編曲のそれぞれの冒頭部を比べて、コンバスの役割などについて説明した。
現代音楽の授業では、ベルクのピアノ・ソナタを分析した。
極めてロマンチックで、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の正統な息子であるこの作品を20世紀の扉を開いた作品というよりも、19世紀ロマン派への美しい告別であるととらえるのが正しいのではないだろうか?
そんなことを、分析を冷や汗をかきながらしている時、ずっと感じていた次第である。
使った演奏はチェルカスキーのニンバス盤。これ以上の演奏を私は知らない…。
しかし、朝三時から準備をして、授業をして、早めの六時過ぎに帰って一休みしていたところであるが、やはり体力的にかなり厳しい…。ホントに疲れた。コメントを頂きながら、お返事が書けず申し訳ありません。明日にさせて下さい。もう寝ます。
by Schweizer_Musik | 2007-10-31 21:01 | 授業のための覚え書き
<< 秋の夜長に音楽を聞く -08.... 秋の夜長に音楽を聞く -07.... >>