<   2007年 05月 ( 55 )   > この月の画像一覧
ジョン・ウィリアムズのシンフォニエッタを聞く
グラモフォンから出ていたペンデレツキのピッツバーグ序曲など、ハンスバーガー指揮イーストマン・ウィンド・アンサンブルの録音がタワーから1000円盤で出ている。これはレコードで所持しているもので、授業用にデータ化(AAC化)して時々使っていたが、これからは良い音で聞かせることができるのは慶賀の至りである。
スター・ウォーズの音楽などで知られるジョン・ウィリアムズが1968年に書いたシンフォニエッタがここに入っていて、LPを買った大学生の時にも、それが聞きたいばかりに大枚2600円を払って買った。
グラモフォンからイーストマン・ウィンド・アンサンブルが出てきたということだけでも嬉しいやらで、びっくりしたものである。
さて、このジョン・ウィリアムズが、一部では前衛的な音楽のように語られることもあるが、そんな前衛的あるいは実験的なことは全くしていないことは前置きで言っておかなくてはならない。とは言え、調性の無い全3楽章は、スター・ウォーズのような親しみやすさを期待して聞きはじめたら、全面的にそれは裏切られることとなる。
急緩急の3つの楽章は、ポリフォニックな展開が多く聞かれ、短2度や長7度の音程のぶつかりが顕著である。しかし、終楽章で弦バスのウォーキング・ベースにフーガ風の展開がおかれるあたりは、この頃仕事として行っていたジャズのアレンジを自作に取り入れたものであると、よく指摘される部分でもある。
イーストマン音楽学校のアンサンブルは、定評あるものだけに極めて優れた演奏を披露している。黛敏郎の彫刻の音楽など、かなり難しい作品であるはずなのに、むしろ透明感あふれる演奏となっているのには驚きを禁じ得ない。
ペンデレツキの「ピッツバーグ序曲」は、私の先生の先生の作品ということもあり、当時はよく聞いたものであるが、私の指向性とはかけ離れていたのか、未だに親しみを感じるところまでは至っていない。
1969年の録音というが、昭和もずいぶん遠くなったものだと、不思議な感慨に浸る。

ウインド・アンサンブルのための作品集_TOWER(企画)/PROA-24
by Schweizer_Musik | 2007-05-31 20:22 | CD試聴記
ケフェレックのラヴェルのピアノ曲全集 大推薦!!
帰ってきてから、鯵で久しぶりにナメロウを作る。薬味やらはいつもテキトーである。今日は大葉とミョウガが安かったのでこれと田舎味噌、ほんの少しのごま油とほんの少しのミリンとほんの少しのお酒で作った。簡単でお手軽な料理故に、貧しい学生諸氏は鯵が安ければ買ってきてやると良い(笑)。私も貧乏人なので時々やります…。

さて、帰ったらさっきのヤニグロの続きを聞こうと思って出かけたのに、帰る途中でタワーレコードに立ち寄って少し買ってきたので、それを聞くことにした。

聞きたいと思ったのはアンヌ・ケフェレックの弾くラヴェルである。昨日の前田あんぬさんの演奏で、若干不完全燃焼状態となっていたので、やはりここは良い演奏でと思って二枚組の全集を買ってきた。
たった1280円だったけれど、ああなんて良い演奏なのだろう。才気走ったところはラヴェルにぴったりだ。こうした刺激と毒のないラヴェルなんて存在意義があるのだろうか?
クープランの墓から聞き始めた。完璧である。軽いタッチは完璧にコントロールされており、しかも美しい!前奏曲はこのスタイルに完璧に合致している。そしてフーガ。これは今まで聞いた中でもペストの演奏だ。柔らかなテクスチュアを、見事に再現している。同じ頃の録音でケフェレックがサティを録音したものを、昔聞いたとき、とても感心したのを思い出した。あとはどれもこれも素晴らしい。私は仕事を忘れ、ひたすら聞き入っていた。
個々の曲に関して言えば、更に良い演奏はある。高雅で感傷的なワルツなどはアリシア・デ・ラローチャの名演があるし、アルゲリッチやミケランジェリなどの名演、更に古いものでカサドシュの全集録音など、いくつもの名盤がひしめくものの、このケフェレック盤もそうした歴史的名盤の座をつかんだと私は思う。
こんなに良い演奏がたった1280円でタワー・レコードで売っていた。ペルルミュテールの所謂「作曲家直伝」の名演を持っていても、これは「買い」である。まだ買っていないラヴェル好きの人はぜひ!お薦めである。
by Schweizer_Musik | 2007-05-31 20:00 | CD試聴記
ヤニグロのベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集から
フォルデシュのとても良いベートーヴェンを聞いたので、ついでにこの前聞いて懐かしかったヤニグロの本業たるチェロの演奏はないかなと探したら、デムズと共演した1964年ウィーン録音のベートーヴェンの全集が出てきた。
確か、デンオンから何年か前にヴァンガードの録音がまとめて出た時に見かけて、今度買おうと思ってそのままになっていたものだ。というわけで聞いてみた。まずは第1番を…。
良い。とてもとても良い。極端な表現はヤニグロとは無縁のものなのだろう。私のように普通の演奏を好む(何が普通なのか書き出したらきりがないが…)者にはこれは何よりのものである。変に個性的な演奏なんていらない。ベートーヴェンの書いた音楽を丁寧に演奏していただければそれで良いのだ。
デムズのピアノも大変調子が良い。彼やスコダは年取ってテクニックの陰りが見えて、時に痛々しい場合もあったけれど、この録音は全く安定して良い。ウェストミンスターなどへ録音したウィーンの音楽家たちの美しい演奏を愛する人は、このヴァンガードのシリーズでのウィーンの音楽家たちの演奏も見逃してはならなかったとつくづく思った。
第1番を聞いただけだが、ちょっと出かけなくてはならないので、今朝はこのくらいで…。
by Schweizer_Musik | 2007-05-31 11:23 | ナクソスのHPで聞いた録音
フォルデシュの弾くベートーヴェンの「皇帝」
今朝は、夕べ一度起きて、ここに書き込みなどしていたため、寝坊してしまった。夕べ、最近手に入れたCDを聞いたりして、ちょっとストレスがたまったので、今朝はどうしようかと思ったのだが、困ったときのナクソス頼みである。今朝はベートーヴェンにした。昨日はベートーヴェンを聞いて大変不満だったからだ。
さて今朝はハンガリーのフォルデシュがソロを担当し、ライトナー指揮ベルリン・フィルによるベートーヴェンの「皇帝」を聞く。録音日をネットで調べてみてわかったのだが、私の生まれたその日に録音が行われたようである。それはそれは…。近い日はあったのだが、生まれた日の録音というのははじめてである。
そんなことはともかく、この時代のグラモフォンの録音は良い(フンガロトンがライセンス販売をしているためにナクソスにアップされたようだ…ということはいずれ無くなる可能性があるので、今の内…である)。伝統的なベートーヴェンで私の好みの演奏である。大体、グラモフォンというだけで安心感のある時代が長く続いた。今となってはもう過去の話で、1980年頃にはあの黒を基調として黄色のロゴのグラモフォンもそうした信頼を無くしていたが、1960年頃から1970年代はじめまでは、グラモフォンの録音は権威と信頼の象徴に私は思っていた。(高かったし…)
このバルトークのピアノ曲の録音などで知っているだけだったフォルデシュというピアニストの弾くベートーヴェンはなかなか良い。いやとても良い。ケンプと共演したものなどでも親しいライトナーの指揮するベルリン・フィルは悪いはずがない。カラヤンの治世となってはや四年。アンサンブルの質感の高さは驚くほどである。
どこをとってもベートーヴェン…。当たり前のようだが、こういう演奏が少なくなってしまった(とお嘆きの方も多いのではないだろうか…)。第1楽章の堂々とした立ち振る舞いから、第2楽章の瞑想的な音楽が即興的に崩れることなく、正確なリズムと伸び伸びとしたカンタービレで気品あふれる表現で演奏され、終楽章がいきり立つことなく、品位ある演奏になるなんて…。ああこれなんだ、ベートーヴェンの皇帝は!
久しぶりに安心して聞いた気がした(そんなことはないのだが、昨日が昨日だけに…)。お薦めです。
by Schweizer_Musik | 2007-05-31 09:27 | ナクソスのHPで聞いた録音
CDをいくつか聞いてみた…
朝比奈隆指揮新日本フィルによるベートーヴェンの「田園」を聞く。本当に久しぶりの朝比奈であった。
エルムレルのボロディン(あまりの演奏にちょっと頭に来てしまったので全部は聞けなかったけれど)に、ストレスがたまったため、気分転換に聞いた。朝比奈である。新日フィルである。コンマスはきっと豊嶋泰嗣氏だろう。アンサンブルは全く素晴らしい。ボリショイ劇場の酷いのを聞いてしまったので、これがいかに素晴らしいか(というよりあちらがいかに酷いかをまたまた再確認することになった。
しかしこの演奏、いかにも朝比奈隆である。何もしていない。あまりにあっさり何をしていないから音楽が自然に語り出すような趣きである。しかし、聞いていてちょっとあっさりしすぎではないのか?そんな風に思ってしまった。ゆったりとしたテンポはいつもの朝比奈隆である。無用に動かすなどという品の無いことは決してしないのは当然だが、ダイナミクスが少し足りていない感じがする。オケが遠いのだ。録音のせいだろうか?
あまりに演奏が他人事のように響くのでまたまた気に入らなくて、大阪フィルと1992年に録音したキャニオン盤を聞いてみた。こちらはとても良い。オケも遠すぎず、適度にダイナミックである。新日本フィルの演奏は録音のせいで、今ひとつ音楽がとらえにくいものとなっているように思う。
ちょっと気になったので、第7番を聞いてみる。やはりアンビエンスを深くとった録音で、音楽のエモーショナルな部分を捉え切れていないように思う。演奏は第一級のものであるのだが、これではあの親しんだ朝比奈隆のベートーヴェンではないように思ってしまった。
第2楽章のクライマックスで、どんな録音でも大抵胸にぐっとくる場面でも、比較的冷静に終わってしまい、肩すかしをくってしまった。どうも今日は心にピッタリくる録音にあたらない日のようだ。またしてもちょっとストレスが…。

ということで、先日購入したエブゲニ・スヴェトラーノフの指揮したアルヴェーンの交響曲第4番を聞いた。二月の録音ということで風邪引きさんが多かったのか、ライブ故の会場ノイズに少々悩ませられる。金管はいかにもロシア…である。ああウェステルベリの名演が偲ばれる…。この演奏でも決して悪くはないのだが、デッドな響き(マイクの立てたところが悪いのだろうか、会場のアンビエンスがほとんど捉えられていない)に辟易としている状態である。演奏については良いと思うのだけれど、アルヴェーンのこの曲を聞くためにまたこのCDをとりだすとは思えない。テノールは高音がちょっと苦しげであるが、ソプラノは完璧だ。声質も合っている。私はこのソプラノのためにこのCDは手元に残すことにした。(それでも私は巨匠ウェステルベリが残した名演に優るものは未だに聞いていない。あの完成度に迫ったのはヤルヴィのBIS盤のみであるが、あれもウェステルベリの完璧な名演には至らなかった)
しかし、モスクワ音楽院の大ホールはもっと響きの良いホールのはずだ。確かにステージ上では全くデッドに聞こえて、何をやっているのかわからないと演奏した友人が言っていたけれど、客席側でポイントを探せば良かったのかもしれない。ライブだし、これを市場に出すなどと考えて録音していなかった(と思われる)ものなので、これなどはDSPで人工的にアンビエンスを付け加えた方が良いだろう。
ということで、良い演奏、録音というものに出会うのは難しいものだ。

ところで、このCDにはドビュッシーの「海」が収められている。スヴェトラーノフのドビュッシーである。怖いもの見たさというか聞きたさ?である。実はこのCDはこれが目的だった。で、感想は、オケがドビュッシーに慣れていないため、指揮者の指示について行っていない感じである。おっかなびっくりでメロディーを鳴らそうとするものだから、かなりソロがとちっている。デリケートで良いバランスで演奏していて、スヴェトラーノフはドビュッシーを意外とよく理解していると思ったけれど、オケが反応仕切れていない感じがする。
弦にちょっとポルタメントがかかったりと、不徹底なボウイングが残っていたりするので、こうした点でフィルハーモニアなどに客演してこの曲を録音したらさぞよかっただろうと予想させる出来であった。ただ、この録音は二度と聞かないだろうけれど…。

オケにはどうも今日は縁がないらしいので、前田あんぬさんのラヴェルのピアノ曲全集を聞いてみる。1989年にリリースされた当初、日本人によるラヴェル全集ということで話題になった。またVlado Perlemuterのお弟子さん(だったと思う)ということで、ラヴェル直系の演奏であるということで、評判にもなったCDであった。
最近、再発されたのだが、その昔のCDはよせばいいのにミニスカート姿の前田あんぬさんが、ラヴェルのスーツ姿とならんでいるというジャケットで、あまりのセンスに絶句してしまった記憶がある。お笑いのにしおかすみこ風だと思っていただければ…。当時、こんな姿でお立ち台で踊る人たちがいたことも事実だけれど、中身がラヴェルであってディスコ・ミュージックでないのだ。
私はペルルミュテールの弟子がどういう解釈をするのか興味をおぼえたものの、そのジャケットをみてCDを購入する気が失せてしまい、そのままになっていた。
でもさすがにfontecもこれではいくらなんでもと思ったのか、ピアノの前に座るごく普通の前田あんぬさんの姿をジャケットとしている。ああこれなら地下のラヴェルも許してくれるに違いないだろう。
ちょっと思い出話を書いたけれど、このラヴェルはまずまず本格的な演奏、伝統的なラヴェル解釈として聞ける。ただ、ピアノ演奏のなんというかキレのようなもの。ひらめきというのだろうか。ピアノの響きの輝きのようなものに欠ける。
演奏として標準的なものだということは異論はないが、ラヴェルらしい才気走ったところが感じられないのだ。例えば「道化師の朝の歌」に色気がなく、リズムに躍動感はない。フランソワ=ヨエル・ティオリエの録音も最近購入(ナクソスで聞けば良かったのに…)したが、デッドな録音で若干興ざめしないでもないが、彼の演奏にはこの2つが備わっている。2つ並べて聞いてみたが、前田さんの演奏に私は魅力を感じなかった。昔、ジャケットをみて拒否感を感じたけれど、あのジャケットを制作する程度のスタッフが作ったCD…。やはり推して知るべしであった。ああ…買うんでゃなかった…。
今日は全くついていないみたいである。
by Schweizer_Musik | 2007-05-31 03:19 | CD試聴記
ボリショイ劇場管弦楽団のボロディン…酷い!
エルムレルの指揮したボロディンの交響曲全集を手に入れた。オケがボリショイ劇場のオケということで興味をそそられて購入してしまったけれど、無惨な演奏であった。弦のピッチが揃っていないし、響きの重心は低くならず、軽量級のボロディンで、やや調子のはずれたトランペットがそれに華をそえるという有様で、かつて名演を送り出したオケとは思えない為体である。
エルムレルは2002年にお隣の韓国のソウルで亡くなったけれど、どんな指揮者だったかさっぱり思い出せない。この録音は2000年のものということで、1932年生まれのエルムレルとしては晩年の録音ということになろう。
70代ということで、毎日運動をして長生きできる確率の高い指揮者にしては早く亡くなった方だった。
このアマ・オケのようなボリショイ劇場(まじめにやろうと思っていないみたいだ)を前に、指揮者のエルムレルは深い呼吸のタメを感じさせたりはしているものの、私は少々うんざりであった。ロジェストヴェンスキーがシャンドスに録音したものを先日横浜で買ってきたけれど、あれが今の時代の標準ならば、ロシアのかつての名門も地に落ちたと言わざるを得ない。ストックホルムのオケの方がずっとアンサンブルも良いし、個々の奏者の技能も上だ。
ああ無駄なお金を使ってしまった…。良い演奏を手にすることもあれば、こんな酷い演奏もまだ出回っているのだ…。私は今後、新しいボリショイ劇場の録音は二度と手にしないだろう。
by Schweizer_Musik | 2007-05-31 02:12 | CD試聴記
今朝は…バラダを聞いてみた
ひたすらスコアと取り組んでいる。今朝は夕べ早寝したため、朝3時半に起きて仕事をはじめたが、ようやく出口が見えてきた。とんでもなく大変な仕事で、一難去ってまた一難…という展開は、昨年のプロコフィエフの時と同じであったが、まああちらよりもずっと楽…(何しろ厭な音はどしどし変更すればいいのだ…私が創造主なのだから!)。
もともとマリンバでやっていたパートをシロフォンに変えてみたが、すっきりせず、最終的にアコーディオンにした。この音はフィナーレに入っていないので(音が悪くてもよければ入っているのだが…)聞いてみながらの訂正はできず、昔の手書きのような感覚で訂正していた。両方できるというのは便利…?
起き抜けで三時間ほどがんばったので、疲れて音楽を聞く。今朝はバラダに癒しをお願いした。彼のサバタという管弦楽のための映像(1988)は実に愉しい作品。終曲の「メキシカン・ハット・ダンス」の引用は笑える。それがちょっとだけ苦みを含んでいながら、全体として明るい陽光の下にある。
バラダの音楽の魅力はこの明るさの裏になんとも言えないペーソスがあることだ。そんなことを思いながらエレジーを聴いていた。およそ悲しいのか愉しいのかよくわからない音楽。エレジーとついてなければ、どんなイメージを聞く者はもっただろうか?私は西部劇の夕べのシーンのような印象。それは冒頭のラッパのフレーズのせいなのだが、そう思って聞いていると調子はずれのチェロが紛れ込んできたり、弦の抒情的な一節があったり…。ああ、あれは弔いのラッパなのだと思ったり…。面白い作曲家である。
by Schweizer_Musik | 2007-05-29 07:33 | ナクソスのHPで聞いた録音
カーターの初期作品を聞く
カーターの初期の作品である「ホリデー・オーヴァーチュア」を聞く。1908年生まれで未だなんと現役の作曲家!作曲界のLeopold Stokowskiである。ここまでくるともはや怪物としか言いようが無く…。
2004年までの作品を私は聞いているけれど、創作力は全く衰えないようだ。
私は彼の音楽を多く聞いているが、初期の作品はあまり聞いていなかったので、この曲にちょっと興味が出てきて聞いてみたのだが、聞いてビックリ!これはコープランドではないか!カーターはこんなに暢気な音楽を書いていたのだと、嬉しくもあった。
私は彼の室内楽を比較的多く知っている。ピアノ協奏曲(このCDにも入っている)やヴァイオリン協奏曲、交響曲などの大規模な管弦楽作品もあるが、室内楽により面白い発想があり、興味を抱くことが多い。
さて、この曲はケネス・シャーマーホーン指揮ナッシュヴィル交響楽団による演奏で、なかなか良いアンサンブルを展開しているが、どうもよく鳴らない。音楽はリズムにちょっとした工夫があるものの、結構古典的な音階とハーモニーで、アメリカ的というか、西部劇的な性格の音楽であるのだが、オーケストレーションのためかあまり鳴らないのだ。
聞いた印象だけであるので、単なる推測であるが、スコアそのものの問題のように思う。編成も少なめであるけれど…、もっと鳴るはずなのだ。
祝典的な性格の音楽なのに、ちょっと印象が薄いと思ったのはそんなところに原因がありそうだ。
しかし、後年のスタイルと全く違うこの作品や交響曲(第1番)など聞きながら、カーターが100才でどんな曲を書くのだろうと、おっかなびっくりで聞いてみたい気がしている。
スイスにもそうした長生き作曲家がいたなぁ…。
by Schweizer_Musik | 2007-05-28 00:02 | ナクソスのHPで聞いた録音
ウィグモア・ホール・ライブ・シリーズより
ミハイル・コペルマンという名前にひかれてロンドンのウィグモア・ホールで2006年1月に行われたコペルマン四重奏団のコンサートのライブを聞く。
ミハイル・コペルマンは確か、ポロディン四重奏団の第1ヴァイオリンで、その後東京カルテットの第1ヴァイオリンであったが、ここを脱退後、自らの名前を冠した四重奏団を作っていたのである。
果たして、ヴァイオリンはなかなかに上手いし、他もまぁまぁの出来である。第一級の四重奏団の一つと言ってもよいだろう。大体、ロンドンのウィグモア・ホールと言えば、室内楽やソロ・リサイタル、リートなどの演奏会が行われる小ホールの名門中の名門で、ここのライブをホールそのものの企画レーベルからどんどん出ているのであるから嬉しい限りだ。
曲目は、チャイコフスキーの三番とシューベルトの「死と乙女」の2曲。無理のないテンポ。美音で鳴らす第1ヴァイオリンに引っ張られて他のメンバーも予想以上の出来である。
上手いヴァイオリニストってこういう落ち着かない人ってどうも多いみたいに思う。どうしてなのかはよくわからないけれど、もの凄い上手いヴァイオリニストがリードするカルテットで実は私は少し不満であった。もっとパート間の反応の良さというか、押したり引いたりが聞きたかった。
とは言うものの、この演奏は解釈の妥当性、奏者の技量、アンサンブル、全てにおいて第一級であることは間違いない。耳の肥えたウィグモア・ホールの聴衆の拍手がそれを物語っている。

続いてナッシュ・アンサンブルのシューマンのおとぎ話、モシュレスのボヘミア民謡による幻想曲・変奏・フィナーレ、そしてブラームスのクラリネット五重奏曲を聞く。モシュレスの作品は初めて聞いたが、その他の作品はクラリネットと弦による室内楽の名曲として昔からよく知る作品である。
ナッシュ・アンサンブルは上手いアンサンブルであるが、ここで聞くクラリネットは少々音程が悪く、問題がある。ピッチが微妙にずれているのだ。これには困ってしまった。
シューマンはこのピッチの悪さが最後まで気になって聞いていられず…。
モシュレスはピアノが主役で、クラリネットや弦が活躍する作品。1819年の曲ということで、モシュレス25最の頃の曲ということになる。
最初に幻想曲があり、長大な序奏という感じで、続いて主題が奏でられる。この主題はヤマハの幼児科の曲で「さんぞくのうた」として使われている曲で、ヤマハ関係の方は聞くと「ニヤッ」とされることであろう。この「さんぞくのうた」をテーマに6つの変奏が行われるが、簡単な装飾変奏であり親しみやすい音楽となっている。
ブラームスは美しい演奏だが、私はこの曲に対して溺愛しているので、少々出来の悪い演奏でも頭の中で補ってしまう傾向があるので、うまく書けない。というより何でも良い演奏に聞こえてしまうというべきかも知れない。
果たして、第2楽章を聞いていてつい涙が出てしまった。なんて美しい音楽なのだろう。こんなに美しくて力のある音楽なんて…。いいなぁ。クラリネットは誰なのだろう。ナクソスではこれがわからないのが難点であるが、まぁ良い。ここでのクラリネットは良い。(何でも良く聞こえてしまう私の「耳」なのであまり信用しないように!)
というわけで一枚分聞き終えて、やはり大好きなブラームスに心が動いた。
by Schweizer_Musik | 2007-05-27 21:29 | ナクソスのHPで聞いた録音
一日、スコアの改訂に没頭する…
作品の改訂は遅々と進まない。それはこの期に及んでプリンターのトナーが切れるという事態に立ち至ったことで拍車がかかる。スコアなので、印刷してチェックしなくてはならないからで、コンピューターの画面でこれをやるのは限りなく不可能に近い…。レイアウトを直したりして50ページあまりになったが、やはり私のような者には大作に違いなく、かなり入り組んだ部分もあるので骨が折れる。
弦の手直しは、一昨日、ヴィオラをやっている学生に奏法上のチェックをしてもらったので、大変はかどった。実はこれが一番やっかいなのだ。今朝からこれの管楽器の部分の手直しをしているのだが、ブレスの問題や異常に困難なパートを効果を考えて手直ししている。ある程度指使いなども考慮しつつ、直さなくてはならない。
一日、こんなことをやっていた…というのは最近では珍しい話で、午後は悠々自適の飲んだくれて昼寝という習慣を破ってスコアに没頭していたことになる。少し暗くなってきてちょっと驚いて一日の仕事を終えて、音楽を聞き始めた。
このレポートは別稿にて…
by Schweizer_Musik | 2007-05-27 19:30 | 日々の出来事