<   2007年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧
須賀田礒太郎の音楽を聞く
須賀田礒太郎の音楽をナクソス・ミュージック・ライブラリーで聞く。そのあまりの面白さに、一日スコアを書いていた疲れも吹っ飛んでしまった。私の住む神奈川にも縁の深い作曲家ということであるが、神奈川フィルの演奏というのも嬉しい話である。
戦前の作曲界というものは、その多くが闇の中で、知られていない作品、作曲家も多いのだが、こんな才能が埋もれていたとは、全く私は知らなかった。昨年あたり須賀田礒太郎をテーマとしたコンサートをやっていたのは知っていたのだが、忙しさにかまけて行っていない。恥ずかしいことだ。
で、今回聞いて、この作曲家が早坂文推などに繋がる系図に属していることをまず感じた。ドビュッシーやストラヴィンスキーなどから多くを学んでいる点もうかがえる。
それらから、日本の雅楽、舞楽などのスタイルと融合させながら須賀田自身のスタイルを形成していったものと思われる。
彼が皇紀2600年のコンクールに入選した作品「交響的序曲」を聞いてみて、緻密な構成力に驚いたが、オーケストレーションがとても上手いのには全く頭が下がる。4度構成のハーモニーや、ポリ・コードらしき響き、合成音階らしきメロディー、いずれをとっても当時の最先端を彼が歩いていたことは間違いなさそうで、伊福部昭や早坂文推などと同列に語るべき才能であったことだけは確かである。
これをyurikamomeさんの「うちのオケ」が復活して演奏会をしているのだから、素晴らしいことだ。ぜひ交響詩「横浜」など、もっとたくさん彼の作品を聞いてみたいし、楽譜を詳細に調べてみたいものである。
1952年に亡くなったということで、早坂文推などと同じ頃に亡くなっているのは象徴的に思われる。実験工房などの前衛音楽が第一線に躍り出た時代、芥川也寸志や團伊玖麿、あるいは黛敏郎といった若い才能に脚光が当たる中、彼は地方にあって、作曲はしていたものの、演奏されることなく埋もれてわずか45年の生涯を閉じたのだった。
戦前はいくつかの賞をとり、作曲界でもある程度知られていたとは言え、戦後、その中心で活動することなく終わったことが、彼の作品を埋もれさせたのであろうか?
しかし、その発見を耳にすることができた。ありがたいことである。私の関心のある雅楽や舞楽をとりいれた1940年作の「双龍交流之舞」を聞きながら、この才能を偲ぼう。
by Schweizer_Musik | 2007-06-30 21:55 | ナクソスのHPで聞いた録音
チャイコフスキー・コンクールで神尾真由子さん優勝!
チューリッヒで学んでいる神尾真由子さんが、チャイコフスキー国際コンクールに優勝したというニュースが何度もテレビで流れている。
ロシアでは資金難で開催が延期になっていたコンクールが日本の企業(トヨタなど)の支援で開催にようやくこぎ着けたこともあるが、私がこのコンクールを聞いた17年前も同じで、あの時はパイオニアが支援していた。
しかし、伝統あるコンクールで、我が国の女性ががんばっているのはうれしいことである。それも私の大好きな町、チューリッヒで学んでいるのだ。これだけでも応援したくなってくる。
六月のモスクワはとても美しい町だった。ただ古いものはあまり残っていないのは残念なことで、何度かの戦争で破壊されつくした上に、共産主義が最後に破壊し尽くしたのである。共産主義が作り出した建造物は立派で威圧感に満ちているけれど、人のぬくもりや、デリケートさに全く欠ける、実に味気ないものばかりだった。
ただ地下鉄だけは素晴らしかった。大理石で作られた地下鉄の駅はどこも美術館のような豪華さで、食べるものにも困っていた1990年のモスクワの貧困を思うと、皮肉な対照を示していた。
あの時もヴァイオリン部門で諏訪内晶子さんが優勝した。私がモスクワに向かった飛行機には小林美恵さんが乗っていて、彼女も確か何かの賞をとっていたはずだ。先日のヴァイオリンの制作部門に続いて快挙である。ピアノ部門はどうなのだろう?
それにしても、あれから17年も経ったのかと感慨ひとしおである。
by Schweizer_Musik | 2007-06-30 21:10 | 音楽時事
金管五重奏のための「怪獣対地球防衛軍」
気分転換に古い曲の手直しをして完成した。どうも一つの曲に取りかかると入り込んでしまって冷静さというか、自分の音楽への客観性を保てなくなる。これは私の悪い癖である。
ということで、書きながら色々と昔書きかけてほったらかしにしていたり、完成したことになっているけれど、不満があるものを手直ししたり、あるいは手すさびのような小品を書いたりしてストレッチをするのが私の習慣となっている。
今回は金管五重奏で、「怪獣対地球防衛軍」などというふざけたタイトルを与えた小品である。もともとは金管五重奏のための組曲の一曲目にもってくる予定だったのだけれど、書いているうちにその気がなくなってしまい、ほったらかしになってしまったものだ。
何度か、音だし程度は行ったけれど、ちょっと難しい作品で演奏で満足したことは残念ながらない。
タイトルを変えた方が良いかなと思ったけれど、やはり作曲中にイメージしていた昔の円谷プロ作品の映像を想像してもらった方が良いと思うので、そのままにすることにした。

怪獣が襲ってきたある都市の様子が冒頭で描かれ、やがて地球防衛軍が出撃する。これが結構勇ましいわりに、ちょっとたよりない雰囲気を出そうと思った。そして戦いがはじまる。戦いが不条理に盛り上がっていった後にさてどうなったのか…は、それぞれに想像していただければと思う。
大体中身が大してないので、三分足らずの小品となった。
改訂作業は、とても良い気分転換であった。
音はこちら
by Schweizer_Musik | 2007-06-30 16:16 | 日々の出来事
朝から作曲中!
朝、起きてからずっと作曲。なんとか難所を乗り越えたので一休み。作品を書いていると自らの愚かさ、至らなさを痛感する。簡単なものならそれこそすぐに出来てしまうのだけれど、それでは何も生み出せぬ。ストレッチ、あるいは間があいたためのリハビリで書くものに大した価値は自分でも見いだせず、それではない自分だけの価値ある何かを生み出すために、一歩ずつ自らを磨いていくしかないのだろう。
その折々の思いを書いていくのに、何の意味があるのかはわからないが、やはり書いていこうと思う。ストレッチ、あるいはリハビリ用の自分のための楽曲はこれからも少しずつここに公開しようと思う。
作品に対して悪意あるコメントもいただくけれど、そのような輩にとやかく言われる筋合いはないので、相手にせず…。ただ愚劣なものが見えてくるだけで自分がアホになりそうなので、不愉快なコメントはすぐに消すことにはしているが…。
批評できる耳のある人が、意味のあるコメントを書くのであれば、真剣に耳を傾けるけれど、批評できない人が、批評をふりまわしたら…ただの害悪である。世にその愚かな人々のために新しい作品がどれだけ葬られてしまっていることか…。

そんなことを考えていたら、色々と新人の人たちの演奏会について思いを巡らせてしまった。
初演ものは、充分な演奏準備ができないままに初演に至るケースは限りなくある。それも作曲者が背負うべきなのかどうかは難しい。
そして、その夜の演奏の結果が良ければよいのだが、良くなければ二度とその音楽が日の目を見ることはなく、楽譜だけが作曲者のもとに残されることとなる。批評はなにがしかの才能を認めたとしても作品について理解あるコメントが出来ているとは到底思えない1行か2行ほどのおざなりの言葉が並んだだけで、果たしてその作品は意味のあるデビューを飾れたとは言えないのが通常である。
そしてその作品を書くために作曲者がはらった努力、それは数ヶ月以上にのぼることもある作品誕生にかけた努力は葬られる。
私はそれが理不尽であると言うつもりはない。その中から明日の名作が生まれるのだ。だが、出来る限り誠意ある批評がほしいものである。新しい人たちがコンクールに出ようと思うのも無理はないのだ。それでしか自分を証明できないから。
コンクールがどれほどの意味があるのか、考えてほしい。それが新しい才能の発掘につながることもある…。けれど、コンクールで優勝したとしてもその後、鳴かず飛ばずで終わることもあるのだ。そしてそれの方がずっと多い。世界的なコンクールでさえそうなのだし、また本当に色眼鏡なしでコンクールが運営されているのかも難しいところだ。
あるコンクールを聞きに行ったら、知り合いなどが物知り顔に色々と噂を教えてくれたことがある。まだ一次だというのに優勝はこの人で、二位がこの人…と。「もう決まっているのよ…」とその知り合いは言っていたのを、笑ってそれを聞き流していたのだけれど、その後その通りの結果が発表されて、こんなことでは音楽界そのものの自殺行為であると思ったものだ。
以前、フィギュア・スケートの採点方法が問題になったことがある。点数の付け方を整理し、大きく変わったけれど、音楽はどれだけ難しい曲をノーミスで弾けるかとか、作曲でどういう技術が使えたかではないのだ。
これほどコンクールなどというものに不向きなものはない。二十世紀になって一気に広まっていったこのシステムはその原型の一つとも言ってよいはずのパリ音楽院のローマ大賞においても数々のスキャンダルを生んできた。
最も有名な話は、ラヴェルであろう。ドビュッシーはローマ大賞に入ったものの、結局そのアカデミズムと袂を分かつこととなった。
悪意ある批評合戦をしたこともあった。ワーグナーとブラームスの対立である。これは音楽上の派閥抗争のように捉えている人もいるけれど、それほど単純な話ではない。まっ、これについて書き始めるとどこまでもいきそうなので、駄文はこのくらいにして作曲に戻ります。
by Schweizer_Musik | 2007-06-30 11:23 | 日々の出来事
ミューレンをテーマにした音楽
スイスの想い出を一つ。
私がスイスで一番好きな村はミューレンである。次に好きなのはシルス・マリア、そしてソーリオ。この名前を出すだけで心が懐かしさと憧れが入り交じった悲しいような嬉しいような…、自然と涙が出てきてしまう。
そのミューレンを唯一音楽のテーマとしてとりあげた曲がある。昨日から今朝にかけて改訂したもので、サックス四重奏のための作品の一部である。
今回は音は弦楽四重奏で録音してあるが、本来はサックス四重奏の予定で、そのうちまた録音して公開しようと思うが、とりあえず弦で公開しよう。教材として作ったものであるが、思い入れがあるのでもの凄く一生懸命作った曲である。(作曲は昨年の春…)
c0042908_23191178.jpgミューレンでの私の定宿だったホテル・クリスタル・ベルビューの部屋のベランダからの風景の写真をつけておこう。1995年に撮ったもので、MAMIYA7の中判のフィルムをつかって撮影した。
我が家に全紙に引き伸ばしたものが飾ってあるが、私のお気に入りの一枚である。ホテル・クリスタル・ベルビューのマダムは元気なのだろうか。確かご主人はオリンピックのスキー選手だったと聞いたけれど。


音はこちら
c0042908_23195946.jpg右の写真は、ミューレンに行く高原列車を撮ったもので、1993年に女房と二人で行った時のものである。この列車に乗れば車窓にはこのような風景がずっと広がっている。また歩けば、ずっとこの風景を見ながら愉しいハイキングができる。途中には一つだけ駅があり、たった一軒だけれどレストランもある。
このミューレンを愛した作曲家がいる。それはブラームスで、なんどもここにやって来ている。実はU字谷の肩に乗っかっているような村で、行くには大変な坂道を行かなくてはならず、そういうこともあり、ここは自動車は乗り入れることはできない村なのだ。ブラームスの時代には列車も開通しておらず、ここに歩いてやってきたのである。
それを思うと、ブラームスの健脚ぶりがうかがえる。私には絶対無理だ…。
by Schweizer_Musik | 2007-06-28 23:23 | 原稿書きの合間に
改訂癖がついてしまったようだ…
少し前に書いた曲を、大改訂をしている。曲は組曲「サーカス」。euphonium4本のための音楽であるが、ある事故のために初演が中止となり、人の耳に届く見込みが無くなったこともあるが、月日が経ってスコアを冷静に見直してみると、これは大きく改訂しないと駄目と思い出して書き直すことにした。
この所、改訂癖がついてしまった。作曲をしないでこんなことばかりやっていては、更にリハビリが必要になりそうで怖いのだが、やはり、このままでは音になる可能性は限りなく0に近いので、より良いものにするため色々と手をかけめこととしよう。出来上がったら、ここで期間限定で公表する予定。
今日は一日「自転車乗り」という曲の改訂を行う。さすがに疲れた。
なんだかブルックナーの気持ちがわかるような気がしてきた。
by Schweizer_Musik | 2007-06-28 19:42 | 日々の出来事
ストラヴィンスキーの弦楽四重奏のための3つの小品について
昨日は水曜日であったのだけれど、休みが多く、授業がとてものんびりしていた。おかげで色々と反省する時間も出来て、自作の改変も色々としてしまい、帰ってからブログをひらくと、前日に作った下らないサックス四重奏が出てきて、頭に来て削除!関連するファイルを全てゴミ箱に入れて「空にする」をクリックした。何だか赤子を堕胎したようなイヤーな気分に陥る。
それでも現代音楽の授業は行う。多調性の説明をする予定であったが、ストラヴィンスキーの弦楽四重奏のための3つの小品をとりあげた。ミヨーの小交響曲のスコアも持って行ったのだが、これはお蔵入りさせた。

ストラヴィンスキーは凄く面白い作品である。ここまで単純化した音楽にストラヴィンスキーは一体何を託したのだろう。それを考え、彼の音楽の分析をしているだけで、知的な興味とストラヴィンスキーのミニアチュールの世界の広大無辺な何か…(矛盾した変な言い方!)を感じる。
私は第一曲だけを分析したのだけれど、なんて面白いのだろう。たった一分にも満たないこの作品を見ているだけでも愉しくなる。

第1曲は4つの楽器、それぞれに拍子が出てくる。とりあえず第1ヴァイオリンに出てくるこの曲のテーマをつぎにあげておこう。
c0042908_8282785.jpg
3拍子と2拍子が2つ。規則的に出てくる形で出来ている。規則的なのだから、7拍子であると解釈することもできるだろう。
c0042908_8294687.jpg
しかし、そう考えるよりも、このメロディーはアウフタクトの2拍子であると解釈するとわかりやすい。もちろん拍子感、アクセントの置き方は違うけれど…。
c0042908_831219.jpg
こうして単純にしてみてみると、メロディーは3つの部分から出来ていることがよくわかる。即ち11拍の最初のフレーズ、そして6拍の次のフレーズ、そして同じ6拍の次のフレーズである。
このメロディーはたった4つの音で出来ていて、素朴な民族舞踊のフィドルのような趣きを持っている。
c0042908_8434058.jpg
第1ヴァイオリンはこの4つの音しか弾かないのだが、第2ヴァイオリンも4つの音しか弾かない。それは次の4つである。
c0042908_10595458.jpg
この音階から次のフレーズを間隔を開けて繰り返すだけである。
c0042908_11164778.jpg
間隔は6拍から9拍開けてくりかえされるが、この間隔については特に規則的なものはないが、Fis-E-Dis-Cisの音型を1つと2つを交互に出てくる程度である。
ヴィオラはおそらくパグパイプのドローンのような役割と太鼓の役割を与えられている。ヴァイオリンには4つの音が使われていたけれど、ヴィオラに至ってはほとんどの部分がD音だけで、これをsul ponticelloで演奏し、小節の頭にアクセントとしてpizzが加えられている。
チェロは太鼓のパートだろう。ピツィカートだけであるけれど、半音でぶつけられていて太鼓のような響きを与えている。
この2つのパートは3拍子と2つの2拍子の変拍子を強調する役割を与えられているのだ。
そしてひたすら繰り返しただけで曲き完成している。短いけれど、この「踊り」の楽章の与える印象は強烈だ。それはTalon(弓の根元)でという指示がほぼ全曲にあって不思議な響きを持った音楽になっていることにもよる。

この授業は、ボロディン四重奏団の演奏で行った。いくつか持っているが、この演奏が一番気に入っている。
by Schweizer_Musik | 2007-06-28 08:31 | 授業のための覚え書き
作品を破棄しました…。
サックス四重奏は破棄しました。二日ほどおいて聞いて、こんな酷い音楽を書いてよく恥ずかしげもなく公開できたものだと、ほとほと自分の耳のいい加減さを思い知らされた次第です。
失礼しました…。
昨日は帰ってから、別のサックスの作品を書いていたというか、旧作を大改訂をして過ごしていました。それは音だしをしてからその録音を公開するつもりですので、その時はよろしくお願いします。
by Schweizer_Musik | 2007-06-28 05:18 | 日々の出来事
一日、スコアと格闘…。疲れた〜
今日はルーセルのバッカスとアリアーヌのピアノ・スコアをIMSLPからダウンロードして、多調性と旋法の扱いについて勉強していたが、大変疲れた。それから、先週、ようやく購入したマーラーの交響曲第10番のアダージョを分析。ひたすらスコアと格闘する一日だった。
来週の火曜日にはマーラーかルーセルを取り上げよう。またシェーンベルクの「ナポレオンのオード」は分析中。これは手がかかりそうだ。ヴァレーズなどの方がずっと単純なのだが…。やれやれである。
by Schweizer_Musik | 2007-06-24 22:57 | 日々の出来事
ルツェルン音楽祭
ちょっと調べごとをしていて、ルツェルン音楽祭についてWikiの記載があまりに酷かったので、ちょいと書き直しておいた。
ルツェルン音楽祭
前史や途中での色々なことについては、現在出版を計画している本に載せる予定なので、かなり割り引いた内容でちょっと申し訳ないようなものであるが、こうした情報が意外となく、スイスと言えば、ハイジとアルプス、ハイキングしかなく、文化面でのスイスの業績について、全く無視されているように思う。
金曜日の学校の帰りに、ヴェンゲローフのソロと指揮によるモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第2番と第4番、協奏交響曲のCDを購入し、聞いていたのだが、なかなか見事な演奏で心奪われた。
そのオーケストラはUBS(スイス銀行)の名前を冠するヴェルビエ音楽祭管弦楽団である。スイスのガイドブックでもほとんど無視されている町で、実は1970年代になって作られた観光村なのだが、大変風光明媚な村で、ちょっと歩いて行くとハイキング・コースや大きな氷河を持つ山などがある。
下の写真はヴェルビエからロープウェイで行ったモン・フォーという山の中腹にあるスイス山岳会の山小屋である。今から15年ほど前、私がスイスに行った時に撮った時の写真である。
c0042908_1150437.jpg

by Schweizer_Musik | 2007-06-24 11:39 | 原稿書きの合間に