<   2011年 10月 ( 59 )   > この月の画像一覧
超私的「ランキング」ピアニスト編 Vol.9
第22位 ソロモン

この人の名前は、1980年頃、音楽評論家の吉田秀和氏の本で読んで知った。しかし、当時すでに彼の録音はほとんどが廃盤で、一度聞いてみたいと思い続けていた。
結局、CD時代が成熟するにつれて、ようやく彼の録音がCD化されはじめ、彼の演奏芸術を味わうことができるようになったのである。1990年代に入ろうとする頃のことであった。
彼の本名はソロモン・カットナー。1902年生まれで、1988年に亡くなった。が、彼は1956年に脳梗塞で引退を余儀なくされてしまった。そのために当時制作途中だったベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集は未完となってしまった。ああ、残念!!
ベートーヴェンやブラームスを得意にしていたが、レパートリーは意外と広く、若い頃はヴィルトゥーソとして有名だったらしい。ハーティー卿の指揮で1929年から1930年にかけて録音したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番など、録音さえよければと思われるが、それでも貧しい録音の向こうから、輝かしいタッチの片鱗が聞かれ、神童ソロモンともて囃された姿が垣間見えるようである。
彼は、クララ・シューマンの弟子に師事し、神童としてイギリスで一世を風靡した後、再び自らを鍛えようとパリに赴き、マルセル・デュプレとラザール・レヴィに師事している。その後の演奏だ。ただの奔放な若者の演奏ではなく、充分に大人の成熟した演奏を聞くことができる。
1932年に録音したショパンの「英雄ポロネーズ」は彼のテクニックと音楽が見事にマッチした好例だと思う(Testament/SBT 1030)。そのCDにはショパンの幻想曲Op.49も入っていて、この時期の録音としては状態もよく、彼のピアノを聞くならまずこのあたりから聞かれてはいかがと思う。重厚で深いロマンの闇に遊ぶ思いがここから漂ってくる。深まりゆく秋にはこれなど素晴らしい聞き物だと思う。
続いてあげられるのは、ピアティゴルスキーとのデュオであろう。1936年。戦争の足音がし始めたパリで彼はブラームスのチェロ・ソナタ第1番をピアティゴルスキーと録音している。(同/SBT 2158)
ソロモンがきちんとしているばかりの退屈なピアニストという人はぜひこの演奏を聞いて欲しいと思う。
戦争が激しさを増していた1942年にロンドンで録音されたブラームスのヘンデル・バリエーションは、私の大好きなコヴァセヴィッチの録音とともに最も大切な私の宝物のような演奏だ。(同/SBT 1041)
この時期のソロモンの録音をテスタメント・レーベルが丁寧に復刻してくれていることで、彼の演奏芸術がより多くの人に遺されるのだと思う。大変意義のある仕事をしてくれていると私は思う。
1947年4月、ロンドンのアビー・ロード・スタジオで、ソロモンはブラームスのピアノ協奏曲第2番の歴史的名演を録音している。共演はイサイ・ドブロウェン指揮フィルハーモニア管弦楽団で、この後、スクリャービンの協奏曲、そしてかつてデビューの頃に得意にしたチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番がこのときに再録音されている。(EMI/2061022)
彼のテクニックは輝かしく、かつ、タッチの素性が良いので、汚い音を一切出さない。しかし、退屈な演奏などとは全く逆で、熱く、ロマンの血が滾るような見事な演奏が、良く考え抜かれた結果として提示されるのだ。
彼は人一倍知性の高いピアニストだったと思う。私はこういうピアニストが好きなのである。
愛してやまない録音を1つあげるなら、クリュイタンスと録音したベートーヴェンの第2番の協奏曲だ。(EMI/CDF 300 004 2)これは私がはじめて買ったソロモンのCDであった。
最初に聞いたのは、このCDのおまけで入っていたベートーヴェンの「悲愴ソナタ」だった。まずそれから聞き出した私は一発で夢中になってしまった。どこにも無理な力が入っておらず、それでいて力感に全く不足していない。それによく歌う。
引退直前の録音で、細かなところではミス・タッチがある。すでに脳梗塞の症状が出ていたのでは?とも思うが、彼の1950年代半ばの録音にはこうした小さなミスが目立つ。でも私はミスを捜すために聞いているのではないので、結構楽しんでソロモンのベートーヴェンのソナタも聴いている。まだ元気いっぱいだった頃の「ハンマークラヴィーア・ソナタ」なんて目を見張るような見事な演奏だったし、オットー・アッカーマン指揮 フィルハーモニア管弦楽団と共演したモーツァルトの15番の協奏曲なんて素晴らしいものだった。
しかし、痛ましいのは1956年の8月の録音された31番のソナタである。終楽章のフーガは明らかに弾けていない。記録としては貴重だが、やはり彼の名誉のためにはどうかと思ったりもする。
この後、メンゲスとベートーヴェンの第3番の協奏曲やグリーグの協奏曲などを録音しているが、良い演奏でまたステレオで彼の演奏が聞ける貴重な録音であるが、ファースト・チョイスとして紹介するのはちょっと控えたい。
従って、彼の録音は「悲愴ソナタ」以前のものを聞いていただければと思う。
一枚選ぶなら、クリュイタンスとのベートーヴェンの協奏曲であろう。あれはモノラルではあるが、私には特別の録音である。クリュイタンスがいつも以上に熱い演奏でソロモンを盛り立て、一層素晴らしいものとなっている。20代の半ば、これらのCDを手に出張に行ったことが懐かしい…。

写真は人影まばらな秋のトリブシェン、ワーグナー旧居前。
c0042908_22441468.jpg

by Schweizer_Musik | 2011-10-31 22:44 | 超私的「ランキング」
超私的「ランキング」ピアニスト編 Vol.8
第23位 アルカディ・ヴォロドス

CDデビューして10年あまり。まだそんなにたくさんのCDが出ているわけでもないし、以前に来た時、私は彼の演奏会に行けなかったので、生でも聞いていない。しかし、彼はまぎれもない本物のずこい奴だと確信している。
ロシア出身のピアニストで、1972年生まれで、当初は声楽を学んでいたという。ピアノも当然少しはやっていただろうが、1987年になってモスクワ音楽院に入学してピアノを学んだ。キーシンなどと同様、コンクールの洗礼を受けないで世に出て来たのである。この点でもこの人は実に稀な人物である。
1997年にソニー・クラシカルから最初のCDをリリースしたが、これがトランスクリプション集というもの凄いものを出してきた。これで技巧派の印象を与えられた私は、1999年のカーネギー・ホール・リサイタルのライブ盤でそれを確認することとなる。彼は録音で上手く聞こえるだけではないのだと…。また、シューマンの「色とりどりの小品」Op.99で正統的なロマン派の解釈を聞かせて、これは凄い奴が現れたと思わせたのだった。
続いて出たラフマニノフのピアノ協奏曲第3番でその期待は確信へと変わるのだった。
この録音はレヴァイン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏が少しあっさりしすぎているものの、ピアノの関する限り最高の出来映えを示している。どんなに困難な箇所でも彼の手にかかれば快刀乱麻、鮮やかに歌い上げられていくのだ。
ここまで、技巧的な作品ばかりリリースしていた彼だから、次は何だろうと期待して待っていたら、次はシューベルトの1番のソナタと18番のソナタであった。全く意表を突かれ、さらにその成果たるや目覚ましいもので、私はここに来て完全に彼に傾倒するに至ったのだった。
実際、このシューベルトは実に素晴らしい聞き物だった。18番のソナタは大好きな曲だったけれど、ヴォロドスの録音で聞いてから一層好きになった。もちろん他にも好きな演奏はあるが(リヴィア・レフのものも最近はよく聞く)、彼のタッチの美しさ、解釈の正統性は群を抜いている。
続いて出たCDはチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番とラフマニノフの小品集だった。今度は小澤征爾が指揮するベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が共演していた。冒頭のホルンの歌い方がちょっと不思議だけれど、それはともかく変にテンションを上げて興奮をさそう演奏とは一線を画した音楽的な表現に、私はやはりこの人は大したものだと感心し、感動もした。
私はチャイコフスキーのこの曲をずいぶん調べたことがある。そして自分なりにかくあるべしという考えに至っている。それはこの作品の冒頭がそんなに壮大でガンガンに歌い上げるところではなく、あくまで前奏としての位置づけであるべきだということである。最初の稿はそれをもっとはっきりとさせていたが、彼自身がそれを現在の形に直して、今日のようなポピュラー名曲の座についたのだった。
しかし、私は前奏だけが突出してしまうのはやはり間違っているように思うのである。このヴォロドスの演奏では明らかに重心が主部にある。前奏で頑張りすぎると、どこが大切なのか、焦点が合わなくなってしまいがちな気が私はしていて、このヴォロドスの解釈は、私にはとても納得のいくものであるのだ。
さて、このチャイコフスキーの後、しばらく彼の新譜は出てこず、心配していたら、来日に合わせるかのようにリストのCDが出て来た。これが一ひねりした選曲で、ヴォロドスの知性というか、何を聞かせたいのかが、とてもはっきりとしていたように思われる。技巧を見せびらかすような曲ではなく、内省的な作品を中心に、ロマン派の王道を行くようなCDとなっていたのだった。
巡礼の年第1年から「オーベルマンの谷」の深い思索を感じさせる演奏に、このピアニストはどこまで行くのだろうと期待を持たせられたのだった。
そして最近のウィーン・リサイタルでは、シューマンの「森の情景」の美しい演奏が入っているし、ラヴェルの「高雅で感傷的なワルツ」の超絶的な演奏も、そしてスクリャービンの艶やかな前奏曲などの小品とともに「白ミサ」の熱っぽい演奏も入っている。
ここまで聞いてきながら、まだ彼は室内楽やデュオ、歌曲の伴奏などは出していない。もともと声楽だったのだから、シューマンの歌曲などを録音してほしいものだ。
またベートーヴェンのソナタ、あるいはバッハ作品なども聞いてみたいが、録音に対して大変慎重な人らしく、狙い澄ましたようにリリースしてくる彼だけに、情報があれば、聞き逃さないようにしなくてはならないと、私は思うのだ。
さて、彼のCDから一枚だけあげるとしたら、私はリストのアルバムをまず聞いて欲しいと思う。いかに彼が優れた知性と技術を持っているか、この一枚に凝縮されていると思うからだ。

写真はメンリッヒェンあたりから見たグリンデルワルドの村とヴェッターホルン。
c0042908_1730130.jpg

by Schweizer_Musik | 2011-10-31 17:30 | 超私的「ランキング」
ショパンのピアノ協奏曲第2番をアックスとマッケラスの演奏で聞く
c0042908_1153666.jpg作曲者 : CHOPIN, Frédéric François 1810-1849 ポーランド
曲名  : ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 Op.21 (1829-30)
演奏者 : エマニュエル・アックス(pf), チャールズ・マッケラス指揮 エイジ・オブ・インライトゥンメント管弦楽団
CD番号 : SONY-Classical/SRCR 2218

More
by Schweizer_Musik | 2011-10-31 11:56 | CD試聴記
ゴセックのガヴォットの編曲終わる
いつになくゆったりとした仕事であった。暢気に構えているだけで、大したことは何一つしていないし、昨日のうちに考えてあったアイデアをそのまま使っただけであるが、良い感じで出来上がった。
著作権上、微妙な編曲ではあるので、少しの間だけ公開することにした。
私の公式ページのNEW WORKSに置いてあるので、興味のある方はどうぞ。
まだまだ出来そうなくらい頭はすっきりしている。無伴奏ヴィオラのための小品の第2楽章を書き上げようかなどと今思い始めているところである。
今日は良い一日だった。こうして日々を過ごせることに感謝!である。

写真はツィナールのソルボアで見たフランスギクの一種と思われるもの。確か、アルプスの太陽とか名前が付いていたようなかすかな記憶があるが、花の名前などトンと縁がない無粋な私ゆえ、この程度でご勘弁を…。
c0042908_22274295.jpg

by Schweizer_Musik | 2011-10-30 22:27 | 新曲出来ました
ゴセックのガヴォット
今日はゆるりと過ごすことにして、注文のゴセックのカヴォットの編曲をしている。簡単な編曲なので、色々とフレーズを付け加えながら書いている。
この曲にはいくつかの版があるようだが、私は1951年ショット社刊の楽譜を下敷きに書いている。たしかキョン=ファ・チョンのCDがこの版だった。持っていたはずなのだが、どこへ行ったのか現在行方不明。困ったものだ。まっ、CDを聞かなくても大丈夫…(笑)。あっという間に終わってしまいそうなので、のんびりなるべくゆっくりと書いているところである。
簡単な曲なので、演奏者に退屈させないように、ヴァリアントを加えて弾きがいのあるものにしようと思う。親切でしょ?N君(笑)。まっ、一応半分終わってしまったので、またまた休憩。今日はやたらと休憩が入る。楽しんで編曲中…。

写真はツィナールの教会。
c0042908_15421721.jpg

by Schweizer_Musik | 2011-10-30 15:42 | 日々の出来事
モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークをスウィトナー指揮N響で聞く
作曲者 : MOZART, Wolfgang Amadeus 1756-1791 オーストリア
曲名  : セレナード ト長調「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K.525 (1787)
演奏者 : オトマール・スウィトナー指揮 NHK交響楽団
CD番号 : KING/KICC-3078

More
by Schweizer_Musik | 2011-10-30 11:08 | CD試聴記
モーツァルトのピアノ四重奏曲第2番をヘブラーとBPOのメンバーによる演奏で聞く
作曲者 : MOZART, Wolfgang Amadeus 1756-1791 オーストリア
曲名  : ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調 K.493 (1786)
演奏者 : イングリット・ヘブラー(pf), ミシェル・シュヴァルベ(vn), ジュスト・カッポーネ(va), オトマール・ボルヴィツキー(vc)
CD番号 : PHILIPS/UCCP-9072

More
by Schweizer_Musik | 2011-10-30 09:21 | CD試聴記
伊藤晃君のコンサートに行って来た
昨日は伊藤晃君のコンサートに、ノイエ・ムジカ東京の事務局のN君と出かけ、帰りに渋谷で軽く飲んで(ビールをなんと一杯だけ!!)帰った。
伊藤君は、今回大変な難曲に挑んだが、よく健闘していたと思う。学校を卒業してはじめてのソロ・リサイタルで、ここまでこぎ着けるのには大変な努力を傾注してきたことと思うし、彼の努力をたたえたいと思う。100名ほど入る小さなホールで、ほぼ満杯だった。
一言だけ注文をつけるなら、楽曲に対しての踏み込みというか、解釈を更に深めていってほしいと思う。また弱音での音色のコントロールが少し雑に感じたのは惜しいと思った。
しかし、あれほどの作品でのソロ・リサイタルである。私は大いに応援してあげたいと思う。困難な世界に船出した彼が、どういう航海をこれからしていくのか、暖かく見守りたいと思う。彼の後輩(何人かは私の授業をとっていた連中である)やら、大阪から来たお姉さんとも久しぶりにお会いできたが、彼らも同じ思いであったに違いない。

終わってから渋谷で「焼き鳥」でビールを一杯。そこに宮崎の冷汁があるというので、うれしくなって注文したら、なんと冷や飯に冷汁をかけて出してきた。酷く不味いもので、腹が立って腹が立って仕方がなかった。良い演奏会の後で気分が良かったのに、あの冷汁が全てをぶちこわしてしまった。
冷汁は全部が冷たいものではない!!あの店の奴は何も知らないであんな不味いものを平気で出しているのだから、宮崎県民があれを食べたら怒るに違いない。
それはともかく、昨日は良いコンサートだった。若者の船出に立ち会うことが出来たのだから…。

写真はヴェルビエのモン・フォーという山から下ってきたところ。
c0042908_853655.jpg

by Schweizer_Musik | 2011-10-30 08:50 | コンサートの感想
クリスマス・メドレーの編曲が終わる
クリスマス・メドレーの編曲が終わる。演奏力の必要な編曲?かな(笑)。六人編成(fl+cl+弦4)という小さな編成でありながら、大編成風に最後はなてしまった(爆)。
200小節あまりのメドレーで、短いながらも半分ほどを占めているフーガがちょっとしたものになったと思う。バロック風で最後は終わろうと思っていたけれど、なんだかブリテンの「青少年のための管弦楽入門」のフーガみたいになった。無論、あんなに上手くは私にはできないけれど…(苦笑)。

写真はトゥーン。警察前の広場見たトゥーン城は最も美しく見える。ここに長く滞在し、ドッペル協奏曲などを書き上げたブラームスも、毎日この風景を見ていたに違いない。
ブラームスが毎日散歩したという道も、没後100年の頃にブラームスの小径だったか、そんな名前を確かつけられて紹介されていたっけ…。すでに14年も前のことだ。この写真を撮ったのは20年前。懐かしいというよりも、ずいぶん経ったなぁという感慨の方が大きい。
c0042908_15454172.jpg

by Schweizer_Musik | 2011-10-29 15:45 | 日々の出来事
昨日は…
昨日は授業の合間に、クリスマス・メドレーを170小節ほど、編曲を終えた。フーガの最後、「神の御子は今宵しも」が導入される部分で止まっているが、これは今朝終わらせて次、頼まれているものに取りかからなくてはならない。それは簡単なものなので、数時間でできるはずなのだが、今日は教え子でもある伊藤晃くんのコンサートに出かけなくてはならないので、少なくともクリスマス・メドレーはそれまでには終わらせておきたい。
それにしても、毎日色々とあるもので、昨日はヘベレケに酔っ払って帰って来た。酒量はそれほどでもなかったはずだが、やはり疲れていたせいか、充分に酔っ払ってしまった。
これからちょっとたくさんコンサートが続くので、セーブしないとと思う。それで上福岡の三日のコンサートは行くのはちょっと無理かな…。N君は来て欲しそうにしていたけれど、行っても何の役にも立たないのだから、行く必要があるのかとふと思い、そのことを昨日は彼に言っておいた。そうでもなければ毎日飲んだくれているばかりになってしまいそうなので…(爆)。

写真はトリブシェンのワーグナー旧居跡近くの風景。もう20年も前の写真で、この風景は今でもあるのだろうか?わからないけれど、はじめて行った時、感動して撮った一枚。こんな風景の中からジークフリート牧歌が生まれたのだと思ったものである。
c0042908_784989.jpg

by Schweizer_Musik | 2011-10-29 07:09 | 日々の出来事