フンメルのバレエ音楽を聞く
作曲者 : HUMMEL, Johann Nepomuk 1778-1837 独
曲名  : バレエ組曲「ミュティレネのサッフォー」Op.68 (1812)
演奏者 : ハワード・シェリー指揮 ロンドン・モーツァルト・プレーヤーズ
このアルバムは こちら

昨日は一日作曲。結局それで終わったが、ちょっとスランプ気味で、なかなか納得できないままに時間だけが過ぎていくようで、焦って仕事をしていた。
今朝も楽譜の仕上げなどをやって、ようやく人心地ついたところだ。
で、聞いていたのはフンメルのバレエ音楽。
古典派の時代の音楽って意外に知られていない、というか、私もこの時代の音楽については情けないほど無知である。ベートーヴェンやモーツァルト、あるいはハイドンならちょっとは知っているつもりだけれど、ロマン派の時代の入り口にあった古典期の作曲家たちはこれらのとんでもない巨匠たちのあまりに大きな存在の前に、隠れた存在にしてしまった。
バレエ音楽も一世代以上前のリュリなどのフランスの巨匠たちか、アダンなどの更に時代を下ってロマン派の時代のはじめに書かれた作品群になってしまい、こうして聞きながら、ああそう言えばベートーヴェンにもバレエ音楽があったっけと思い出す始末なのだ。
だから、この古典期の端正なスタイルで書かれた、伸びやかなメロディーの魅力を持つバレエ音楽を聞くと、新鮮に感じてしまう。
またワルツ集も収録されているけれど、シューベルトの膨大なワルツ集を思い出しつつ、この分野でも彼は大家だったことがわかる。
ヨーゼフ・ランナーなどが活躍をはじめる前の頃の初期のワルツ集が、こんなにも魅力的だとは!!シューベルトのピアノ曲も含めて、ラヴェルが好んだこともよくわかる。
古典音楽が好きな方ならぜひお聞きになってみられては…?さて仕事をしよう。
by Schweizer_Musik | 2008-11-30 10:08 | ナクソスのHPで聞いた録音
<< ちょっと忙しいような暇なような… バルヒェットが弾くバッハのヴァ... >>