アルルの女の本番が…
昨日はレッスンの後、先日編曲したアルルの女のリハーサルを聞く。いつもより人数が少ない気がしたけれど、気のせいかな?
今度の日曜日にパルテノン多摩で第1組曲から「前奏曲」と「カリヨン」だけだけれど演奏する。そのためのリハーサルだったのだけれど、まぁまぁの演奏であった。想定していた通りの音が出ていたので、まずは一安心。年明け1月28日(水)、尚美の新バリオホールで全曲が演奏されることとなる。
一昨年までは外のホールで行われていた定期公演だが、昨年から学校の方針でバリオでということになったようだ。
全曲についてのリハーサルはまた年明け早々にということになった。おかげで22時すぎにようやく家にたどり着いて、食事をとったらもう睡眠欲には勝てずダウン。
今日の授業の準備を今から急いで行わなくてはならない。頂いたメールへの返信は明日になりそう。申し訳ありません!!

昨日は授業の合間で、完成した歌曲の細かな手直しをした。歌曲は短いものでも実に難しいし、やっかいである。これで完成と思っても、なかなかOKとならないのは一重に私のせいだが…。
by Schweizer_Musik | 2008-12-17 07:03 | 日々の出来事
<< B級?いや、A級… -03. ... マズアのチャイコフスキーの交響... >>