昨日は…疲れた〜
昨日は、ホント多忙な一日で、授業も六限まであったので、終わったのが夜の7時で、それから音だしの報告用の音源のCD化をし、そして報告書を作成してそれを提出。長い一日が終わったのであった。
遅れてくる学生がいたり、体調不良で休む者がいたりでちょっと残念だったけれど、その他は大体順調に推移した一日だった。
音だしは木管五重奏。良いものにしたいとは思ったが、彼らもはじめて木管五重奏を書いたわけで、色々と実習はしていても、思い通りにはいかず…であったようだ。
第2回は少し間をあけて実施した方がよさそうなので来月17日前後でやろうと思う。今年は更にノンビリ・ムードではあるが、着実に力をつけていって欲しいと心から思うのだ。
また体調不良で欠席してしまった者には、できれば体調を万全に整えて来てほしい。作品が出来なかったから欠席したわけではないことを知っているだけに、ちょっとかわいそうだと思っている。
とりあえず、昨日はこの後、音だしの反省会をし、ドビュッシーの「沈める寺」を分析して終えた。結構充実した一日であった。来週あたりはドビュッシーの弦4あたりを持って行こうかと思うが、その他に近現代の合成音階によるモードもそろそろ扱っても良いだろうと思い始めている。
とすれば、バルトークなども候補になるが、こちらは音階だけでは済まない作品揃いなので、先日行ったルーマニア舞曲のようにはいかず、適当な作品を探さなくてはならないなと思う。ともあれ、夜10時近くにクタクタになって帰宅した私は、夕食をとってすぐ就寝。もう何も出来ず…であった。
今日は夕方津田さんと打ち合わせがあるので、出かけなくてはならない。また、昨日帰りがけに先日完成させた「Je te voux」のアレンジに手を加えたくなってしまった。お金になるならないは関係なく、良い物を作りたいというのが、作家の本能らしい。ちょっとスコアを開いてしまったが最後…であった。N君、パート譜などの作成はもう少しまって下さい!!
今日は改訂作業に一日を費やし、夕方には津田さんとの再会を楽しみたいと思う。
by Schweizer_Musik | 2009-05-21 07:32 | 日々の出来事
<< フィビヒの「たそがれ時に」 クリュイタンス指揮のホフマン物... >>