作曲中…
フルートとピアノの曲のイメージがいきなり浮かび、昨日あたりから少しずつ書いている。サティのアレンジでフルートを書いていて、その流れでなんとなくフルートにピッタリのフレーズが浮かんで来てしまったのだ。
とは言え、このところ作曲は遅くなってきているようで、こうして身をけずるようにして音を並べていくようなものが蔽い。なかなか遅々として進まず、今は30小節ほど進んだところ。
多分2曲セットの作品となる予定。今は1曲目の冒頭と、2曲目が同時進行で書いている。イメージは土俗的な舞曲で、瞑想と躍動が鋭く対比するものにしたいと思っている。ただ、1曲目の冒頭がいかにも尺八風で、福島和夫の「冥」以降、くさるほど書かれてきたパターンに近いので、気に入っていない。一方の舞曲はかなりの変拍子で急速な音楽で、かなり良い感じで進んでいる。
yurikamomeさん、気に入ってくれるかなぁ…。ともかく、これは自分のために書いているところが大で、なんとか形にしようと思っている。
涼しいけれど、湿度が高いのが難点…。でも窓を開けて仕事をしていると、とても気持ちが良い。風薫る季節。まもなく暑い夏がやってくる…。


追記

あまりないことだけれど、午後までこの曲の続きを深追いし、第2主題まで行った。だが、今ひとつ気に入らず、ピンと来ず、結局午後からの作曲は全てボツ…。
何をやっているのかと、情けなくなる。が、こうして作曲やアレンジをする生活は自分のリズムを取り戻すには良いことである。これをしないと、やはりバランスが崩れるというか、駄目なようだ。
by Schweizer_Musik | 2009-05-28 12:25 | 日々の出来事
<< ハイドンの「戦時のミサ」 今日の授業とナクソスのグリーグ… >>