ヴァイオリンとピアノのための小品、完成。
昨日は、ちょっと色々あって、作曲が朝のちょっとの間だけしかできず、今日に持ち越してしまった。
が、なんとか午前中で作曲が終わった。5分半ほどのソナチネ風である。無論、切れ目なしに演奏される6つの部分、主題と4つの段目、それに結尾という形で構成されるもの。
最後の四段目と結尾を今日書き終え、いくつかの微調整を行い、いつものN君に楽譜を送る。彼に弦楽の最終的な書法上のアドバイスをもらって、更に微調整して完成となる。
まぁ、一応、やろうと思って書き始めて数日でこれは完成した。今年最後の作品となるだろう。大阪に帰っても作曲する時間はなく、編曲の山を前にため息をついているだけだろうから…。
明後日は小学校の同窓会。そして次の日は教育長さんと面談。それが終わるとまた楽譜と首っ引きで頑張らなくてはならない。
今日はちょっと今から出かけて、年賀はがきを買ってくる。大した量を書かないのだけれど、ご挨拶しておかねばならない人もいるもので…。
明日までにやってしまわなくては…。それにしても忙しい。

写真は早朝のチューリッヒ、リマト河畔の風景。
c0042908_13515559.jpg

by Schweizer_Musik | 2011-12-25 13:52 | 新曲出来ました
<< 「竹林にて」の推敲 ベンジャミンのヴィオラ協奏曲を聞く >>