外大のシラバスが完成する
色々あって、中断したりして、のびのびになっていたシラバスの執筆が終わった。計画はかなり細かくたてたつもりだが、相手のあることなので、多少の伸び縮みはあるものとして、大雑把なところはわかるようにしておいた。
国民楽派以降はここには書いていないが、ともかく一応こんな感じかなぁというところは出来た…気になっている。
シラバスは、外大のサイトへ直接我が家のコンピューターから入稿できるので、大変助かる。我が校のものはまだ何も言ってこないけれど、大丈夫かなあ…。変化がないということなのだろうが。
昨日は、出版の最終的な打ち合わせも出来たし、懸案だったものは全て終わりそうだ。後は編曲のみである。まだ大作がいくつか残っている。頑張らねば…。

写真は古い写真のスキャンで恐縮だが、ヨーロッパ最高峰のモンブラン。スイスとフランスの国境のダム湖であるエモッソン湖から撮った一枚。ここに行ってからもう20年近くが経った…。月日の経つのは早いものだ。こんなことを書くと歳とった証なのだそうだが、そうなのだから仕方がない。つい最近のような気でいたのだけれど…(笑)。
c0042908_161071.jpg


19:40 追記
先ほど、外大のシラバス登録のページから、作成したシラバスの登録を終えた。大したことではないのだけれど、少しだけホッとしている…(笑)。
by Schweizer_Musik | 2012-02-07 15:37 | 日々の出来事
<< ウォルトンのヴィオラ協奏曲をメ... シューベルトの八重奏曲を故ボッ... >>