池田光雅氏の本が出ている・・・(驚)
一時、なりを潜めていたを思っていたら、いつのまにやら復活して、またしてもガイドブックを書きまくっている池田光雅氏である。
私もスイス初心者の頃には読んだものであるが、内容の浅さというか、文化への視点をほとんど欠いた彼の本にすぐに飽きてしまい、結局どこかに行ってしまったものばかりである。
その昔、ニフティのフォーラムで彼がよく書いていたことを思い出すが、ちょっと鼻についてしまったものだ。フォーラムの人達の多くから結局は嫌われた?ためか、彼の方からフォーラムと縁を切ってしまい、それからどうしていたものかは知らないが(当たり前!別に友人でもないので…)スイス本も出なくなっていた。一年に2冊程度は彼の本が出ていた頃もあったような気がするし、某出版社の「地○の歩き方」のスイス編の大部分を彼が書いていたこともあったが、それも無くなっている。何かあったのかと勘ぐるのは自由なので、何かあったのかなと、勝手に思っている。(すみません。事実と異なる怖れが大ですので、他で吹聴しないように!…するわけないか)

単なるガイド誌に過ぎない新書であるが、スイスということでやっぱり売れるのだろうか?これが不思議だ。しかし、彼のような本が出るようになったということは、景気が上向いている証拠で、株価だけでなく地価も上がり、海外旅行もまた大きなブームがやって来そうな予感である。
さあ、私もがんばろう!!池田氏の程度の本よりも少しは面白いものが書けるはずだと自負だけはしているのだが・・・。
by Schweizer_Musik | 2005-10-26 23:07 | 日々の出来事
<< ジュリアード弦楽四重奏団のベー... 本日の授業 >>