今日はテレビも忙しい!
今日は見たい番組目白押し!
まず、朝はら日曜美術館でジャコメッティを特集していたので、目を皿のようにしてというのは大げさだが、見終わったところ。懐かしいスタンパの映像などが流れたが、そうしたことよりも彼の創造についての考察が踏み込んでいて、なかなかに面白かった。こうしたところがNHKの良さだ。時々馬鹿なことをやるが、流石という部分が多いので許すことにしよう。
で、今朝未明に放映されたオーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団のラフマニノフの交響曲第2番の映像を見ている。映像の劣化も少なく、音も十分満足できる。これは良い。発売されているのだろうか?これは永久保存のDVD化をしておかないといけない。
不必要な動きが全くない、なんて良い指揮なのだろう!それでいて音楽は雄弁だ。ラフマニノフがストコフスキーとともに厚い信頼をおいたのも当然だ。プレヴィンなどの全曲版と違い、どうもいくつかの省略がある方のようだはある。これは残念なことだが仕方ない。
CDの演奏とどちらが?難しい質問だ。旧CBS盤よりも豊かに聞こえるが、音楽の質的な問題ではなくただ、こちらの思いこみの問題だろう。テンポはかなり速めで、旧録音により近い印象である。
クラシカ・ジャパンも再放送が多く、つまらないので解約しようかというとこういうのをやるので困る(笑)。
お昼からは「展覧会の絵」のラヴェル編曲版とホルストの「惑星」だ。先日マズア指揮のゴルチャコフ編曲版が放映されたので、「展覧会の絵」はラヴェルとゴルチャコフの二つの版が映像でそろった。
ホルストの「惑星」はLDで持っているものだが、残念なことだがLDプレーヤーが壊れたままなので、見ることが出来ない。したがって久しぶりに見ることになりそうだ。
夕べ、1965年制作のカラヤン指揮の「カルメン」(映画版だが)の放映もあり、見なくてはならないものがたまってきた。忙しい時期に重なるなぁ・・・。
by Schweizer_Musik | 2006-07-02 10:15 | 日々の出来事
<< 細川俊夫の「観想の種子」−マン... 祝!復活!小澤征爾 >>