鶏の照り焼き丼
今日の料理はまたしても超簡単料理。(いや、この欄を読んで下さっている奇特な方々はもうご存じだと思うが、ここで紹介する料理は全て超簡単料理である)
近くの商店街に魚を買いに行ったのだが、良い物がなく断念。鶏肉が安かったので鶏のもも肉を1キロほど購入。(4枚ほどで500円だった)
シシトウも購入。どうしても付け合わせにシシトウが良いと思ったためだが、これが高い!250円もしてしまう。仕方がない。
帰ってからまず鶏肉の処理。筋を切り、フォークで何度も突き刺す。火の通りを早くしたいだけなのだが、筋を切っておかないと固くなってしまう。
これを皮を下にしてフライパンで焼く。油はしかなくても十分鶏から油が出るので気にしないでそのままにしておく。
焼き始めたら不用意に動かしたり、ひっくり返したりしない。
その間にシシトウを縦に切って種をとっておく。15本ほども種をとる間に鶏はかなり火が通っているはずだ。ひっくり返して反対側も焼いておくこと。
そして取り出してシシトウも簡単に炒め、取り出す。
そのフライパンに酒、みりん、醤油(多い順に書いた。入れる順はテキトーで良い)を入れて半分になるまで煮詰め、ここに鶏肉をもどし、しっかりと絡める。
次ぎにシシトウも入れて火を止め、冷ましたら鶏肉を取り出し、一口大に切る。

丼のご飯に、煮詰めたタレをかけて、その上に鶏肉とシシトウをのせ、更に軽くタレをかけて鶏の照り焼き丼の完成である。
鶏肉は冷めてからでも美味しい。お弁当に入れても良い。(私もそうする予定だ)照り焼きなんて簡単!美味しいですよ!
by Schweizer_Musik | 2006-07-06 16:06 | 日々の出来事
<< モードによる作曲法について (... 水曜日が終わった… >>