昨日は授業担当者会議でした…
秋から新しい授業がなんと4コマも増えることになった。今ですらやっとのことでこなしているのに、いや準備が大変である。それもポップス系の授業。クラシックとポピュラー、両方が守備範囲に入っている講師が少ない(それぞれの専門は多いのだが)ためでもあるのだが、ちょっとしたことから先生がいないということになり、いきなり私にお鉢が回ってきたそうだ。昨年まで来られていた劇団四季なのの音楽スタッフもしておられるK先生が来られないということがあってこうなった。
実は昨日は断ろうと思って行ったのだが、つい説得されてしまった。お世話になっている方から「お願いしますよ」と言われると断れなくなってしまう。適任の方が他にもいるだろうと言ったのだが、こうしたマネージメントは大変だということを私も知っているので、つい断れなくなった。
ミュージカル学科で持っているたくさんの台本からやることとなるのだが、作って終わりではない。学生たちをチームにして作品を書かせ、カラオケを作り、それで持って公演するところまでやるのだが、コンピューターでの打ち込みだけでなく、生楽器をいくつか使いたいし、ベースやドラムは出来れば生が良いのだが…。かつて仕事をお願いしていた広島のO先生がいてくれたら良いのだが、仕方がない。

さて普段は現代音楽だとかオーケストレーションなどといった内容を担当しているのだが、いきなりミュージカルということで、私の大好きなジャンルをがんばって担当していくつもり。
しかし、後一週間ではじまる後期をどうやりきるのか…かなり心配だ。おかげで火曜日も含め今まで遅く出て、早く帰れる日があったのに、これから学校のある日は朝早くから夜遅くまでということになってしまった。
仕事をお願いされるのだから、ありがたいことだ。期待に応えて良い授業が出来るように今から準備しなくては!!この二年ほど、ポップス系の内容がほとんどなかっただけに、ちょっと頭がこんがらかっている。
by Schweizer_Musik | 2006-09-28 05:26 | 日々の出来事
<< 今日の一曲 (25)アルヴェー... 津田さんのリサイタル・プロ・シ... >>