タイ・カレーを作った。
朝、フランクのオルガン作品を聞いて気分が良かったので、ついでにオルガン全集を聞いてみた。デイヴィッド・サンガーの演奏で、ストックホルムのカタリナ教会のアッカーマン・オルガンを使って録音したもの。
ロマンチック・オルガンの高い表現力を生かした作品群であり、演奏で心から満足して聞く。で聞きながら昼食を作る。
今日は、昨日の帰りに買ってきたココナッツ・ミルクの缶詰を使ってタイ・カレーを作る。もちろんルーはインスタントで、これを料理などと言っては申し訳ないので、「作った」とだけ記しておく。
中には近くのスーパーの特売だった豚肉300gとフナシメジを2パックを入れる。入れるものはテキトーではあったが、あとはルーのパッケージの指定通りに作った。そしてそれが美味い!
フランクのオルガン音楽とタイ・カレー…。もの凄いミス・マッチだけれど、なかなかよろしい。それだけでなくカレーの前に冷や奴と焼酎のお茶割りで2杯ほどいただいた。
おかげで気分が良い(笑)。焼酎はいくらだったか忘れたけれど、全部で700円ほど…。
by Schweizer_Musik | 2007-06-16 13:09 | 日々の出来事
<< 良い朝… フランクの「プシュケ」を聞いていた… >>