週明けは忙しい…
ようやく帰り着く。火曜日は、一日が長い…。音楽の話をして一日を過ごしているのだから、文句をいう筋合いは全くないのだが、帰りの電車でつい眠り込んでしまい、あやうく乗り過ごすところだった(笑)。
今日は色々と楽譜を開いて、その分析を話したのだが、バルトークのルーマニア民俗舞曲のピアノ版、セーケイのヴァイオリン版、作曲者自身による小管弦楽版を比べながらの話をしながら、やっぱりこいつは面白いと思った。
何と言っても、セーケイの思い切った編曲は、原作のピアノ・ソロからかなり踏み込んだアレンジをしていて、これを分析すると、弦の書法について考えることにもなり、なかなか興味深いこととなるのだ。
今度からこの3つの版を比べるという授業を、オーケストレーションの授業で入れることにしよう。知っては居たけれど、説明しつつこんなに都合の良い素材だとは思っていなかったからである。
明日は、ディプロマ生によるサックス・アンサンブルのコンサートが三鷹である。ちと遠いのだが、私のアレンジをやるので行くこととなった。と書きながら、昨年まで教えていた学生たちが演奏会で活躍するのを見聞きするのは楽しみである。
遠いなぁなどとブツブツ言いながらも、イソイソと出かけることとなりそうだ。
週明けは忙しい…。
by Schweizer_Musik | 2007-11-06 23:17 | 日々の出来事
<< 冬の夜の慰めに…(1) 秋の夜長に音楽を聞く -11.... >>