冬休みのお仕事、3曲目…
今日は次のアレンジに取りかかる。懸案であったリヒャルト・シュトラウス7枚のヴェールの踊りである。
空のスコアを作るのに少し時間がかかったが、なんとかとりかかり、冒頭から30小節あまり書き上げた。
何だか打楽器アンサンブルの曲をまだやっているかのような錯覚を憶えるほど、打楽器の量が多く、打楽器奏者6人分もスコアに書くこととなる。ハープは二人。久しぶりの30段スコアとなる。
明日もがんばろう!
by Schweizer_Musik | 2007-12-29 19:27 | 日々の出来事
<< 今朝はどうにも… 冬の夜の慰めに (21) ピア... >>