実技試験の日
c0042908_23371911.jpg晴れた昼下がり、食事に出ていつもの道を学校に帰る途中、公園の土手に河津桜が咲いていた。早咲きの桜は寒空の下で輝いていたが、もう春が近いことを思う。
来月の今頃にはもうこのあたりは桜の花吹雪が舞っていることだろう。
今日は今期最後の試験日であった。作曲学科の学生たちの初見の試験を行った。疲れたがそれは皆が出来なかったからではなく、色々と学生たちの面談を兼ねながら行ったからだ。こればかりは担任である私らしく、学生指導を兼ねながらの一日となった。おかげで試験が倍以上の時間がかかる。
それにしても、今年は就職希望の学生が多い。と言っても半数ほどだが・・・。昨年などは1割ほどしかいなかったのだから、まぁ増えたと言うべきか。疲れ果てて帰って来る。やれやれ、明日もまた学生指導だ。学年末は色々と忙しいものだ。
by Schweizer_Musik | 2005-02-21 23:37 | 日々の出来事
<< シュライヤーについて -2- 大澤壽人/「神風協奏曲」,交響... >>