朝から仕事
今朝はちょっとした難所で2ページしか進まなかった。午後は少し早く進めそうだが、あと6ページ。ようやく終わりが見えてきた感じである。しかし、難しい…。パーカッションの人数を減らしたのもパズルのような書き方に繋がったのだが、それでも高音を下げたり、パートを減らしたり、色々とテクニックを使いながら、結果的に同じような効果を生むように編曲するというのは、この曲に限り、至難の技である。
ある学生に写すだけでしょうと言われて、ちょっとやる気をなくしてしまったけれど、写すだけでできるなら、やってみれば良い。絶対に出来ないだろう。
しかし、ここに来てハープは一台に出来ないかなどと言われて「おいおい」という話がやっぱり出てきた。だから言ったじゃないか…と思いつつも完璧なボランティアでの今年の大編成である。ギャラは出るのだろうか?ハーピストのギャラの方が高いかも…。トホホな話である。

ひろしま男子駅伝をテレビでやっている。見ていると、懐かしい町並みが画面に広がり、うれしくなってしまった。娘が通っていたヤマハの音楽教室のあたりがチラリと見えたり、毎日原チャリに乗って通った道を端ってくれるのだから、その昔を思い出してしまう。
もう行くことはないだろうが、やはり懐かしい場所であり、愛着を禁じ得ない。

そんな駅伝をみながら、昼食を摂っていたのだが、女房が私にはご飯とありあわせのおかずを出して、自分たちは私がこの前買ってきておいたチキン・ラーメンを食べていた。
人の食べているものは、美味しそうに見えるようで、私もそれが欲しいと駄々をこね、残っていた最後の一個を取り出して、食した。
チキン・ラーメンには卵…という方も多いかもしれないが、私はガラムマサラ・ソースを麵にかけて、そこにお湯を注ぐのが好きだ。
香辛料が寝ぼけている脳みそを活性化させてくれる気がする味である。まっ、かなり沢山入れるので、結構辛いけれど、汗をかきかきチキン・ラーメンというのもなかなか良いものである。
さて、仕事仕事…。駅伝は宮島にかなり近づいている。
by Schweizer_Musik | 2008-01-20 13:29 | 日々の出来事
<< 今日はおしまい… サロメと一日… >>