自分への覚え書き
怒濤のような一週間だった。別に新たに何かあったわけではないのだけれど…。
火曜日は約束のスコアとパート譜を作って納品。ついで授業があったけれど、休みもいて、欠講まったりと過ごす。
水曜日は現代音楽の授業で、武満徹の「弦楽のためのレクイエム」をとりあげて分析する。オーケストレーションの授業ではイベールのサクソフォンと11の楽器のための小協奏曲の第1楽章を分析。来週は第2楽章と第3楽章(実際には続けて演奏されるが)を取り上げる予定。
お昼には、先日私が頼まれて編曲したシュトラウスの「春の声」と「トリッチ・トラッチ…」の本番があったので聞きに行く。寒い日で、雪の中文京シビックに向かい、その演奏を教え子たちと聞いた。多少不満もあったけれど、考えた通りの音がしていたので、気分をよくして授業にもどった。
木曜は一日作曲と編曲の仕事。金曜日は授業。帰り際に来期のシラバスの依頼が来たので、昨年出した物と同じファイルを担当の方にわたす。
報告書や、音だしの依頼や申請書を出してから帰るともう完全にグロッキー。疲れ果ててしまい、今日は一日ぐっすりと寝た。
出版譜の第二次校訂が届く。明日にでも送り返す予定。
by Schweizer_Musik | 2008-01-26 21:31 | 日々の出来事
<< 冬の夜の慰めに (27) リス... なんとかスコアとパート譜を納め... >>