ハリウッド四重奏団でラヴェルの序奏とアレグロ他を聞く
四年あまり前にTestamentから復刻されたフェリックス・スラトキン他が演奏するラヴェルの序奏とアレグロが、なんとナクソス・ミュージック・ライブラリーにも復刻されていた。ちょっと悔しいような、嬉しいような…。
動物の謝肉祭のところでも触れたのだが、この演奏が彼らとの出会いだった。私はTestamentのCDを持っているから別に今更ではあったが、復刻の状態を確かめるためにも聞いてみた。
TestamentはCapitolにあったマスター・テープを使っているのだろうか?詳しいことはわからないけれど、とても良い復刻であったけれど、ナクソスの復刻もほぼ同程度のレベルでちょっと驚いた。ノイズのレベルは少し多いように感じたけれど、普通に聞くのに全く問題はない。
1951年10月末の録音というデータはナクソスにはないけれど、それはマニアにとって重要でも音楽を聞く者にとっては大した問題ではない。
しかし、なんという演奏だろう!序奏とアレグロは他にカリオペ・レーベルの室内楽全集の演奏とマルティノン指揮シカゴ交響楽団の録音が良かった。他はあまり気に入らず、どうも難しい曲の一つである。
その中で、最も録音の古いこの演奏は、モノラルということを除けば、最高のパフォーマンスではないだろうか?
ドビュッシーの神聖な舞曲と世俗的な舞曲は弦楽オーケストラとストックトン女史によるハープで演奏される。これまた優雅でありながらも、キリリと引き締まったタッチの演奏で、雰囲気重視の人にはちょっと角張った印象を与えるかも知れない。
が、ドビュッシーは生前トスカニーニの指揮を高く評価しており、こういうスタイルは意外とドビュッシーの意図に沿うのではと私は考えている。
この演奏で聞くと、この作品が古典的なまでにがっちりとした構成を持っていることに驚かされる。
続いてシェーンベルクの淨められた夜が入っているが、これもTestamentからずいぶん前に復刻されていて、これもナクソスの録音はノイズが多いものの解像度などでは特に遜色がない。大変立派な復刻となっている。
演奏は…、もうこれが最新録音だったら決定盤であっただろう。古くても、モノラルでも良いという人ならば、これだけ持っていても困らないのではないだろうか。
CD化されていない、ナクソス・ミュージック・ライブラリーだけの音源なので、個人的に所持することはできないけれど…。
良い演奏だ。検索のページをクリックし、カタログ番号のところに9.80と入れて検索をかけると出て来る。37ページ分もあり、このところ急激に充実しているが、これはニュー・リリースの情報にないので注意が必要だ。
c0042908_19513577.jpg

写真は今日の日の入りの様子である。久しぶりに富士山がくっきりと見え、その右側に沈む夕陽を望むことができた。暖かな春の夕であった。
by Schweizer_Musik | 2008-04-01 19:47 | ナクソスのHPで聞いた録音
<< オーマンディの指揮した英雄の生... イストミンの弾くラフマニノフの... >>