朝の散歩に出かける
c0042908_6525757.jpg
昨日は、疲れ果ててしまったので、帰ってバレーボールを見ながら寝てしまった。早く寝たので、今朝は夜明けと同時に散歩に出かけ、今帰ったところ。
大変気分がよろしい。願わくば、我が家の前で道路工事が行われませんように…。
晴れた日の朝の散歩は久しぶりのような気がする。
朝日の木漏れ日はきっときれいだろうと天神山に出かけたら、はじめて人に会った。話しかけてこられたので、ちょっとだけ話す。
朝の散歩ではじめてのことだった。ちょっとうれしかった。
写真はありきたりの山の風景で、こういうところに住んでいる人にはどうでも良いようなものだろうが、私にはなんとも言えない懐郷の思いに駆られる風景でもある。
最近植林されたもののようだが、適度な日差しが入り、私は美しいと思う。
今年は帰れそうもない郷里だが…。
c0042908_6585287.jpg

帰ってから朝食を摂りながら新聞を読み、コーヒーを頂く。なんと幸せなのだろうと思う。
新聞に中国のネットのことが書かれてあった。マックなど中国に進出している企業が地震災害への寄付が少ないと批判している「ネット民族主義」なる人達のことが載っていた。
被災者には心から哀悼の気持ちを捧げたいけれど、理由はどうあれ、他人にお金をせびる姿は見ていて胸が悪くなる。
善意を当然と受け取るような愚かな者たちに、どうしたら感謝する心と愛を教えてあげられるのだろうか?
ちなみに、こんな愚かな人間は中国にだけいるのではない。我が国にもたくさん居る…悲しいことに…。
私たちは(敢えて「私たち」と書く)民族主義、ナショナリズムなどというものが、我が国でもかつて大きな戦争を巻き起こしたという苦い記憶を持っている。
せめて、家族を愛し、隣人を思いやる平和で穏やかな世界であってほしいと私は思う。災害に遭っても、助け合う互助努力を基本に、様々な助けを頂きながら乗り越えていけるように備えたいと思う。
それにはやっぱり、イデオロギーなどというものがいるのだろうか?
気分が落ち込んできたので、もう一枚写真を貼り付けて気分転換していただこう!
c0042908_7494229.jpg
何度も撮ってこのブログに載せた木であるが、まだまだ上手く撮れない。素晴らしい木であるが、上手く撮らせて頂くには、まだまだ精進が必要なようだ。
しかし、ため息がでるほど見事な木である。
えーいここまで貼り付けたならもう一枚。山頂近く、我が家の方とは反対側にある急峻な斜面にある木を、一生懸命別の木につかまりながら何とか撮った一枚も貼り付けておこう。これはまだどう撮って良いのかわからないという状態。
今日は暑くなるそうだ。早朝散歩はやはりこれからのトレンド?(笑)
c0042908_754425.jpg

by Schweizer_Musik | 2008-05-22 06:53 | 日々の出来事
<< 宮崎の西村楽器の池田達信社長が... 今日の授業… >>