フェルドマンのピアノと弦楽四重奏(1985)
作曲者 : FELDMAN, Morton 1926-1987 米
曲名  : ピアノと弦楽四重奏 "Piano and String Quartet" (1985)
演奏者 : 高橋アキ(pf), クロノス・カルテット【デイヴィッド・ハリントン(vn), ジョン・シャーバ(vn), ハンク・ダット(va), ジョーン・ジャンルナード(vc)】
CD番号 : WP/WPCS-5147

これがたった150円でダウンロードできるとは、きっと誰かのミスに違いない。フェルドマンは二十世紀アメリカの作曲家で、晩年、ピアニシモばかりで長大な作品を書いたことでも知られる(確か弦4で5時間だったか6時間、ずっとピアニシモというユニークな作品があった…)。
この曲もCD収録の限界である1時間20分ほどで、フェイドアウトしているというもの。ミニマルと違う極端な音楽だが、不思議と美しいと思う。150円というのはiTunestoreの誰だか知らないけれど担当者がhourを見落としてシングル・カットと思いこんだのだろう。
iTuneに腹を立てているいるわりには、この安いソフトがちょいちょいと出ていたり、ショップに出かけたりする手間のかからない手軽さ故についついチェックを怠らないのは、気恥ずかしい気もしないではないけれど…背に腹は代えられない。
この(恐らくは…)ミスに乗じて買ってしまったのは、ちょっと後ろめたいけれど、高橋アキとクロノス・カルテットの美しい演奏で満足している。1500円なら多分買わなかった。こうした退屈な音楽は苦手なので…。

この静かで平板な音楽は音楽は、環境音楽のようにただ流しておくにはとても良い。耳障りな音はほとんどなく、更に下手な感情移入もなく、実用的でないので「家具」とはいかないが、何か置物のような存在感はある。
お金を払って演奏会で聞いたらちょっと腹立たしいかも…。でもこの不思議な美しさはなかなかのもの。ただし私は5分で集中力を失った…(笑)。150円ならそれでも腹は立たない…。
by Schweizer_Musik | 2008-10-21 05:52 | CD試聴記
<< カラーエフの交響曲第3番 食欲の秋だ!…音楽を聞こう -... >>