2008年 04月 26日 ( 2 )
今日はお休み
c0042908_1644270.jpg昨日の無理はさすがに今日に響き、一日休養にあてることとなった。
朝寝坊して九時頃に起き出し、遅い朝食を摂って散歩に出た。帰ってメールの返事やらブログのコメントなどの返事を書いてから一眠りしたら娘が帰ってきてピアノを練習していた。何やら昔通っていた音楽教室の発表会に出るのだそうだ。まぁ今年で最後ということなのだろう。
写真は今朝の散歩の途中で出会った廃屋の軒先に咲いていた花である。こうした花の可憐さは、見せようとして咲き誇っているからではないからであろう。こうした花を愛おしみ、季節の変化を味わいながら散歩するというのが最高の楽しみとなっている。早朝だったり夕方だったり時間はまちまちであるが、同じコースを歩きながら、細かな変化を楽しんでいる。
c0042908_16514317.jpg
この写真も今日の散歩の時に撮った一枚。桜の木の緑鮮やかな姿を写した(つもり…)。
しかし、良いときに散歩に出たものである。今日は午後は冷たい雨が降り続いており、午後起き出したのなら、この写真は撮れなかっただろう。明るい陽光は今日は望むべくもないが、散歩の楽しみは様々である。
by Schweizer_Musik | 2008-04-26 16:52 | 日々の出来事
今日のオーケストレーションの課題について
たった今家にたどり着いた。学生たちと話していて遅くなった。明日から七日まで休みとなるので、つい無理をして話し込んでしまった。
学生たちに今日のオーケストレーションの授業で行ったアレンジの実習でバルトークの「ルーマニア民俗舞曲」の第3曲と第4曲の冒頭を木管五重奏に編曲するという課題をだして、各自実施をしたが、その課題の実施例をブログに載せるとの学生たちとの約束を果たそうと思う。
授業でも話した通り、単純な伴奏部分をどう木管に移すかが工夫のしどころである。
また第4曲でのホルンのバスの立ち上がりを助ける意味でバスーンのスタッカートのユニゾンは、私の単なる思いつきである。
いずれにせよ、こうした音楽にこれが唯一の正解などということはあり得ない。諸君が稚拙であっても書き上げたものがそれぞれに正解であると言える。正解であると言い切れるほどに各自が一つ一つの音を考え抜いて書いたという前提ではあるが…。

帰りの電車が横浜駅直前で、緊急停止して10分以上遅れたこともあって、列車の中で画像にしようと思っていたのだが、ついでに続きをやりかけてしまい、結局O船駅に着く頃には第3曲が完成してしまった…。
授業の中でも皆メモを取っていたが、何故こういう音を書いたのか、自分と何がどう違うのかをよく考えて欲しい。
念を押しておくが、これが唯一の正解ではない。ただの一例に過ぎないことを忘れないように!

もうくたくたなので、コメントいただいたことへの返事は明日に致します。
c0042908_152960.jpg
c0042908_154424.jpg
c0042908_155637.jpg

by Schweizer_Musik | 2008-04-26 01:06 | 授業のための覚え書き