<   2005年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
「原爆小景」を聞きながら思ったこと
ついにと言うべきか、つまらない「マスコミ」のおかげですっかり問題がすり替えられてしまった宝塚線の事故についてだ。新聞記者は事故を糾弾する立場にあらず。こんな簡単なことすらわからない者が報道の現場にいるとは・・・情けなくて涙も出ない。これこそ恥を知れである。
作曲家の林光氏が「原爆小景」の作曲にあたって書いている。
曰く、
さいきん、ある書評週刊誌が募集した懸賞論文のなかに、原水爆反対のためという大義名分を免罪符にして、なんの痛みもなく被爆者の写真をかかげて歩く「運動者」たちを告発したことばがあった。私は、私の「原爆小景」のことをあらためて思い起こした。私はそのような「運動者」たちと私とはちがう、私の作品は、被爆者の引き延ばし写真のパネルをかかげて大通りを歩いているようなものではないと強く否定する内心の声をききながら、しかし浮かぬ気分であった。

こうした言葉をこの音楽に寄せる作曲家の心は、常に被爆者たちとともにあると私は思う。
大義名分を着て、JR職員に暴行を働くなど、言語道断である。このような幼稚な人間をけしかけたのが報道であったこともまた悲しい。事故と全く関係のないボーリング大会や、個人的な飲み会に至るまで報道し、企業体質だと批判するのはいかがなものだろうかと私は思っていた。
報道がなければ私たちは事実を知ることができない。しかしそれが正しければの話である。ここに報道に関わる者の使命があり、その使命を果たすことからの誇りがあるはずだ。
しかし、この裏側には、林光氏のような自戒がベースにあることが前提であるのは言うまでもない。

私は広島に数年間住んでいた。私は被爆者でもなく、原爆をテーマに音楽を書くなどというのは恐ろしくて出来そうもない話だ。膨大な悲しみや怒りを私が表現することなんて、気が遠くなる。音楽で社会参加できるのかという古典的議論も再び頭をもたげて来そうだ。少なくとも、私はノーノなどと立場を異にするし、社会が安定してこその音楽であると信じている。音楽が社会貢献するというのはあまりに私には難しい話だ。
死者を悼む音楽も空々しいように感じる。本当に死者に捧げる音楽とはもっと個人的な思いに根ざしているのではないだろうか。「その人たち(遺族)の身になって・・・」などという偽善を演じることを、私は拒否する。

原爆小景という3曲の合唱作品を書いた林光氏の才能と、その誠実さを、久しぶりに聞いて心から感じ入った次第。それに対して、読売新聞の記者を初めとして、人として恥ずかしくないのだろうか・・・。それに軽々しくJRを批判する人も・・・。そうしたインタビューをとる人ととられる人、そしてそれを放送して煽る人。そこに、「未曾有大惨事」を二度と起こさないという大義名分が錦の御旗となって、暴力がふるわれるとしたら、これほど悲しいものはない。
JRは問題を隠蔽せずに、全てを開陳し、責任の所在を明らかにすべきだ。問題をうやむやにして責任逃れするのなら、またしても大きな悲劇を引き起こしかねない。そんな機関に成り下がったとしたら、もう我々の安全は誰にあずけたらいいのかわからない。真剣に反省し、襟を正さなくてはならないのはもちろんJRである。
しかし、職員に暴行をする者に一分の理もないタダの犯罪者であることだけは間違いない。しかし情けない時代である。本当に情けない時代だ。
「水ヲクダサイ」のクラスターが突き刺さってくる・・・。
by Schweizer_Musik | 2005-05-14 18:22 | 原稿書きの合間に
宝塚線の事故について思う
大阪に帰っていたこともあり、宝塚線の列車事故は地方ニュースでも見ていた。マスコミはJRバッシングに移っているようだ。企業体質を問うというのはもちろん当然のなりゆきだろう。しかし、そんなことをやっても事故は防げない。運転手の資質を最初問うような報道が多くあったが、当の運転手が死亡しているとわかり、その方向には進まなかった。死んだ者を追求しても自己責任は問えないと判断したようだ。

日本では常に「責任者出てこい」式のやり方で、「ちゃんとやっていれば事故は起きなかった」式の責任追及をして終わる。この事故で社長が罰せられてもどうなるものでもない。大切なのは同じ過ちを起こさないという姿勢だ。もちろん被害者と当事者であるJRの間には民事的な問題が横たわっている。それはそれに関わる人達の問題であり、より良くそれが解決されるよう、社会は見守るという姿勢でありたいし、被害者となった人たちとそれに関わる人達の心の傷が一日も早く癒され、安らかで平安な日々が戻ることを心から待ち望む。
しかし、それは事故を再発させないということとは別物である。

人間はミスをおかす生き物である。それを忘れてはいけない。ミスを責める姿勢が今回の事故を生み出したということも、少しずつ見えてきている。ミスをおかす生き物にミスのない生き方を求めること自体が無理難題なのだ。そしてここに事故を引き起こす体質が生まれる。
航空機事故の場合、パイロットの資質を問うばかりであれば、今日のような安全な乗り物は生まれなかっただろう。先日の羽田での管制ミスも、そうしたことが起こることを想定した仕組みを作っておかなくてはならなかったのに、それが出来ていなかった、言い換えれば「ミスを犯す人間」という生き物にミスを犯させない仕組みが出来ていなかったということである。
ヒューマン・エラーが起っても事故につながらない仕組みをどう作るかこそ大切で、その為には責任をあえて問わないほどの決意が社会にはいるのではないか。責任を問われて地位を追われるからこそ、情報を隠し、事故の再発を防止できなかったとしたら、我々は今回の悲劇から何も学んでいないことになる。幸いにして事故に繋がらなかった羽田の管制ミスもまた、厳しく学ぶ必要がある。(残念なことにこちらを熱心に報道する姿勢は多くのマスコミに欠けているのは、全く情けない話だ。これこそ日本のマスコミが堕落している証左である!)

ミスをいち早く報告すれば罰せられないという姿勢が出来ていないところに、JRの深い問題がある。勤務評定に響くとそれを「○にする(無かったひとにする)」というようなことが、この宝塚線でも行われていたことは早くから報じられていた。日勤教育なる懲罰でミスをさせない「教育(見せしめ)」ではミスは防げない。逆にミスを増やすだけなのだ。
今まで運転手などを処罰されてばかりで、こうした事故で企業の責任か問われたことは無い(ホテル・ニュージャパンは別だが)。日本の構造改革はここからではどうですか、小泉さん?
by Schweizer_Musik | 2005-05-07 08:24 | 日々の出来事
連休と言うのに・・・
連休明けというのはちょっと無理があるが、今日は授業があり学校に出かけた。アンサンブル・アレンジの授業。それも管楽器の演奏やピアノを専攻している学生相手の授業である。30人もいるはずだったが、今日は休みが多く、やや寂しい感じだった。と言ってもそれは一年生の授業で、二年生の方はほとんど休みなし。宿題のアレンジのスコアを提出する日であったが、出席した50名あまりの学生は全員提出してきた。なかにはそのまま通用するレベルのアレンジもあり、ちょっと驚かされる。作曲の専攻生でないからと言って、馬鹿にしてはいけないことを改めて思い知らされた次第。
今年も楽しみの学生が多い。やりがいがあるのはいいのだが、教える方の消耗度が大きいのが難点だ。今日もクタクタ。
by Schweizer_Musik | 2005-05-06 23:28 | 日々の出来事
ヤルヴィの古典的名盤シベリウスの第6交響曲
シベリウスの交響曲第6番は、昔、カラヤンが指揮したフィルハーモニア管弦楽団の古いレコードで聞いたのが最初だった。初めて聞いてそのあまりの美しさに驚いて、何日もこの曲を聞いて過ごしたことがある。カラヤンの録音はCDになったし、その後再録音もされた。
今回聞いたのはネーメ・ヤルヴィの指揮したBIS盤である。何を今更と言われねかも知れないが、1980年代初頭はネーメ・ヤルヴィの最も良かった時代だ。決して侮ってはいけない。第1楽章の序奏が美しく名残惜しげに終わって主部に入ると、キビキビしたテンポで一気呵成に聞かせるヤルヴィの気概に満ちた演奏は、残念ながら成功を手中にし、間延びした演奏が多い今の彼からは決して聞けないものだ。
この録音はバルビローリやカラヤン、ザンデルリンク、あるいはオーマンディやビーチャム、コリンズ、エールリンク、デイヴィス、ベルグルンド、渡邊曉雄(ああ、シベリウスを得意とする指揮者の多いこと!!)などといったシベリウス指揮者(こんな言葉あるのかなぁ)に列せられる彼との私の出会いの一枚だったのだ。
第2楽章は情感に押し潰されそうな演奏になりがちだ。ここをヤルヴィはイン・テンポでサラリとやっていながら、強弱をたっぷりつけてフレーズ感を強調して聞く者を飽きさせない。そう、シベリウスは変化に乏しいなどというアホなことを言ってはいけない。こうした演奏でこそシベリウスを聴く醍醐味が味わえるというものだ。ただスケルツォかと思うほどのテンポで、ちょっとビックリすることも。しかしスコアを見たら確かに・・・。
第3楽章も少し速めのテンポでキビキビ進められる。この録音のエーテボリ交響楽団の演奏の目覚ましいこと!ハープと木管がカノンで進んでいくところがきちんと聞こえるというのは、録音もとても良い証拠だ。これが聞こえない録音が多いのだが、それは弦に重心が行ってしまい、ハープの音が背景に回っているからだ。それにフルートがソロでハープとやり合うにしては弦が大層すぎる。こうした隠れた部分にも配慮の行き届いているのがこの演奏だ。
終楽章は第1楽章と密接な関係を持っていて、この作品が緊密な計画のもとに書かれたことを思い知るのだが、この第1楽章との緊密な関係はオーケストレーションにも及び、聞いていて誰もが感じることができると思う。(でなければ、あまり意味がないかも・・・)トロンボーンとホルンの咆哮の後、弦が、そして木管がモードで受け答えするあたりから次第にテンポをあげていきエンディングに向かうところでのヤルヴィの手綱さばきは見事!一瞬の弛緩も感じさせず、いつの間にか世界が一変しているのだ。そして、1楽章の序奏に結びついた幅の広い弦楽によるメロディーが静かに終わるあたりの情感には、ヤルヴィのまだ若さを感じさせられる。この張りつめた空気感は独特で、この演奏を私が名演であるとするところでもある。静かに吸い込まれるようなエンディングは、序奏の裏返しで、そのことをこれほどはっきりとさせている演奏はない。
このCDには(今はカップリングが変わっているかも知れないが・・・)劇音楽「ペレアスとメリザンド」も入っている。ドビュッシーの名作をはじめフォーレやシェーンベルクとこのメーテルリンクの名作は音楽になってきたが、このシベリウスの作品はあまり有名でないようだ。全10曲をおさめたヤルヴィのこのCDは、なかなかに聴き応えがある。あわせて推薦しておこう。

BIS/CD-237
by Schweizer_Musik | 2005-05-05 20:24 | CD試聴記
帰ってきました!!
やっとと言うべきか、九州から大阪へと移動を重ねて、ようやく鎌倉の我が家に落ち着いたところ。カセット・テープなどからパソコンに取り込むようにしたので、昔のテープを一曲取り込んだところ。トロンボーン四重奏のための3つの小品で、大学三年の時の試作品だ。意外に良い音で驚く!!
いつかウェブにアップしてみることにしよう。ではブログを再開します。
by Schweizer_Musik | 2005-05-05 20:23 | 日々の出来事